不登校児の希望・状態に合わせ適切なシステムの家庭教師を選ぶ

不登校児の希望・状態に合わせ適切なシステムの家庭教師を選ぶ

不登校となった子供の状況も、子供によってさまざまです。

 

中には、親も含めて誰とも会いたがらない不登校児も居ます。

 

 

人と会うのがイヤ・顔を合わせる事が出来ない不登校児の場合

適切なシステムの家庭教師を

適切なシステムの
家庭教師を

不登校となった当初の子供は、自分の周囲で起きることを全て拒否、否定する傾向にあります。

 

それは、これ以上傷つきたくないという自己防衛から無意識に出る反応といえます。

 

勉強面で遅れることが後々大きな問題となることは、子供自身も承知し理解している場合がほとんどです。

 

しかし人と顔を合わせるのがイヤ、出来ない、そう感じる子供もいます。

 

そんな場合には、リアルに人と会う事がないインターネット・オンライン家庭教師という選択もあります。

 

インターネット・FAX家庭教師

インターネット家庭教師とは、インターネットを利用し、オンラインで家庭教師から学習指導を受けるシステムです。

 

その他にはFAXで添削学習指導を受けるシステムもあり、当然ですがどちらも全国対応です。

 

子供に家庭教師の件を打診、相談する際には、顔を合わせずに学習指導してくれるシステムもあること、好きな方を選ばせるということも出来ますので、選択肢に入れておくと良いでしょう。

 

不登校児対応・インターネット・FAX家庭教師のご紹介

資料請求し検討することからスタートすることをお勧めします。

 

教師派遣
会社

不登校

通信指導

無料体験

対応

地域

ネット対応

FAX添削

ノーバス

関東

ガンバ

関東

-

-

あすなろ

全国

-

-

ネッティー

全国

-

教師
派遣
会社

不登校

通信指導

無料
体験

対応

地域

ネット対応

FAX
添削

ノーバス

関東

ガンバ

関東

-

-

あすなろ

全国

-

-

ネッティー

全国

-

また家庭教師は、子供に最も適した教師を選ぶ必要があります。

 

当サイトの「真面目で学力が低い子供向け家庭教師」以降の記事を参考にするようにして下さい。

 

インターネットでの学習指導で人と会えるように改善

自宅に来て子供に学習指導をする一般的な家庭教師であれば、勉強に関わる悩みだけでなく、先のページでお伝えしたように先輩や友人として相談相手になり良好な人間関係を作り、その影響で立ち直る事が期待できますが、インターネットを通じて家庭教師から学習指導を受けても、同じような効果は期待出来ます。

 

不登校となった子供で極度にリアルに人を会う事を避ける人がいますが、実はインタネットを通じての接触でも、人と人との触れ合いである事には間違いはないのです。

 

ただ触れ合いが「勉強に遅れない」という明確な目的を持っている事で、不登校となった子供も「勉強のために人とインタネットを通じて触れ合うのだ」と自分を納得させて、人と接触するのです。

 

その触れ合いの経験を通じて、リアルの世界でも人と接触が出来るように立ち直れる可能性は非常に高いのです。

 

「インタネットを通じてだから」と、不登校の子供の心理的なハードルを下げて、家庭教師という人間と触れ合う事を勧めてみるのも非常に有効な手段です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク