認定試験合格で通信制高校の単位が修得出来るよう家庭教師の指導を

不登校の期間が長いほど単位修得に家庭教師の学習指導がお勧め

全日制でも通信制でも、単位を落としてしまっては先に進めません。しかし、この単位というものがイマイチよく分からないという人もいるのではないでしょうか。

 

 

単位とは

単位について

単位について

単位というのは、科目ごとの学習量です。

 

単位はどの科目も同じではないので、苦手な科目でもきちんと修得しなければ卒業できなくなってしまいます。

 

全日制の高校でも単位を落とすと留年になってしまうのですが、学校や学年によって授業時間が異なる事から、科目ごとに必要な単位も違ってくるのです。

 

しかし、通信制高校は、標準単位数が基本となっているので、学校によって大きな差はありません。

 

標準単位数とは

標準単位数というのは、高等学校学習指導要領で定められている単位のことで、ここで定められた単位を修得することが通信制高校での目的となります。

 

標準単位数ももちろん各科目ごとに違いますし、国語でも国語表現は2単位、国語総合は4単位というように、同じ科目でも必要な単位が異なるのです。

 

単位の修得方法というのは、全日制の場合、週1時間の授業を1年間受ければ1単位修得したということになります。

 

単位認定試験合格で単位修得

例えば、1週間のうち数学が4時間あったとします。

 

それを1年間受け、中間テストや期末テストで合格点をとれて4単位を修得できたということになるのです。

 

しかし、通信制の場合、1年間に4回スクーリングで数学の授業を受け、必要な数だけのレポートを提出し、単位認定試験に合格して4単位修得できたということになるのです。

 

そして、各科目の合計が74単位あって、なおかつ3年以上在籍すれば卒業になります。

 

全日制では1週間に4回の授業ですが、通信制では1年に4回の授業でいいのですが、その分レポートの提出をしなければいけないのです。

 

単位を修得のためのレポートと勉強指導と社会性を学ぶスクーリング

通信制高校は、レポートの提出とスクーリングと単位認定試験の繰り返しになります。

 

通信制高校で出されるレポートは、報告レポートではなく問題を解いていくものになります。

 

スクーリングでは、学校に訪れて面接指導を受け、勉強の指導だけではなく、社会性や社交性を学ぶ機会としても設けられています。

 

単位修得のためのレポート

単位修得のレポート

単位修得のレポート

通信制高校で出されるレポートというのは、大学などで出されるようなレポートではなく、問題を解いていくというものになります。

 

それを自宅で行なって郵送などで提出し、先生の添削を受けるのです。

 

このレポートは、自宅で教科書を見ながらじっくりと解くこともできるのです。

 

レポートというのは、どれだけ内容を理解できているかを確認する意味があるのですね。

 

レポートの提出回数も決まっており、各教科ごとにその回数も違います。

 

国語や社会、数学のような教科は、1単位を修得するために3回のレポート提出が必要になるのです。

 

もしも、3単位修得すためには、9回レポートの提出をしなければいけないことになります。

 

進研ゼミのように自宅で問題を解いて提出するものと同様に、最初は順調に進められても、次第におろそかになっていくことが多く、3年間で卒業を目指すにはかなりの覚悟がいるのが通信制なのです。

 

勉強指導と社会性を学ぶスクーリング

レポートの提出と同様に、必ず行なわなければいけないのがスクーリングです。

 

通信制高校=学校に行かなくていいと思っている人もいるようですが、登校日のように学校に訪れて面接指導を受ける機会があるのです。

 

私立では、メディアを利用して実際の登校回数を減らしているところもあるようですが、公立では、定期的に登校するように決められています。

 

レポート作成時に分からなかったところや理解できていないと判断された点の指導を受けることができます。

 

また、同じ学校に通う者同士が交流する唯一の機会です。

 

スクーリングは、勉強の指導だけではなく、社会性や社交性を学ぶ機会としても重要な時間なのです。

 

家庭教師の学習指導で確実な単位取得を

通信制高校は3年間で74単位以上修得で卒業です。

 

不登校となり、すぐに通信制高校に入学するケースでは大きな問題とならない場合もありますが、学校から、そして勉強をするという事から暫く遠ざかっていると、何をどうしたら良いのか、何からスタートし何を聞き何を確認して回答しないとならないのか分からない、または頭の整理が出来ないケースも少なくありません。

 

学校から離れた期間が長ければ長いほど、途方に暮れてしまうことになります。

 

そんな不登校の子供には、どうやって調べるのか、何が分からないのか、どうやって回答をすれば良いのかの勉強のイロハから個人的に学習指導をしてくれる家庭教師の役目はピッタリです。

 

通信制高校の確実な単位取得に家庭教師の役目を利用する事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク