仕事と両立ができ高卒学歴となり就職支援もある通信制高校

仕事と両立ができ高卒学歴となり就職支援もある通信制高校

通信制高校に入って良かったことは、自分のペースで学習できることでした。

 

アルバイトをしながら学費を稼いでいた私にとって、それは最大のメリットでした。

 

 

働きながら学べる高校

高卒の学歴が得られ就職支援も

高卒の学歴が
得られ就職支援も

通信制高校の特徴の1つに、働きながら学ぶ人を念頭に作られた学校だということがあげられます。

 

最近では、不登校児の受け皿となっている通信制高校ですが、1980代頃には、中卒で社会に出た方の学び直しの場として機能していたみたいです。

 

ネットで調べた情報なので、どこまで確かなのか分かりませんが、時代の移り変わりをしみじみと感じました。

 

最近は子供の貧困が何かと話題になっており、そういった子供たちの新たな受け皿になるのではないかと自分自身思っています。

 

私自身も両親が離婚し、周囲の友達より貧乏な学生生活を送っていました。

 

不登校の方はもちろん、家の経済が厳しく進学を諦めようとしている方には、ぜひ通信制高校に進学していただきたいと思っています。

 

仕事と両立しながら勉強をすることができますし、公立の通信制高校の場合は、学費も年間7~10万円と安くすみます。

 

私学であっても、最近では国の支援も充実していて、条件を満たす家庭の方は国から就学支援金を受けることも可能です。

 

高卒の資格が得られ就職先が見つかる

何より通信制高校で魅力的なのが、進路指導の先生がきちんといて就職を支援してくださることです。

 

通信制高校にはきちんと新卒を対象とした求人がからも企業から送られてきますし、上手くいけば正社員として社会人になることもできます。

 

中卒であることが理由で安定した職に就くことが出来ない方に、通信制高校はとても魅力的だと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク