正社員の家庭教師とアルバイトとの資質の差は無く相性を重視すべき

家庭教師のアルバイト : アルバイトする側・児童側それぞれの意図

家庭教師のアルバイトは、大学生のアルバイトとして非常にポピュラーです。

 

 

アルバイトとしての家庭教師

アルバイト家庭教師

アルバイト家庭教

当然、高学歴なほど需要は高いのですが、「その大学生が通う大学が志望校である」などの場合は、この限りではありません。

 

家庭教師のアルバイト条件として、「大学生以上」を掲げるところは非常に多く、会社によっては大学名の指定、ランク指定をするところもあります。

 

しかしその反面、「大学生でありさえすれば良い」とする会社もあり、家庭教師としての資質はバラツキが大きいというのが実際のところです。

 

会社によってある程度のアルバイト教育はされますが、本人の資質や生徒との相性もあるので、一概に「ここの会社のアルバイトだから良い」「ここの大学を出ているから良い」とも言えません。

 

依頼する側の視点から

さて、では家庭教師を頼む「お客側」からの視点でも考えてみましょう。

 

やはり本音では、「アルバイトではなく、しっかりした正社員の家庭教師に見てもらいたい」と思いますよね?

 

しかしこの「正社員」と「アルバイト」では講義費用が変わるところが多く、なかなか悩ましいのです。

 

ただでさえ、家庭教師はお金がかかるものですからね。

 

個人的には、よほど高レベルな世界で勝負しようと思っているのでない限り、家庭教師がアルバイトか否かはあまり大きく変わりがないのではないか、と感じています。

 

一番大事なのは、やはり児童と家庭教師の相性です。

 

教え方の優劣はもちろんありますが、ある程度のクオリティに達しているなら、あまり神経質になる必要はないでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク