不登校の高卒認定試験と大学入試合格のため家庭教師から指導を

家庭教師に不登校の高卒認定試験と大学入試合格サポートを依頼する

いじめや勉強面でのコンプレックスなど、学校に行けなくなってしまう不登校の理由は人それぞれなのですが、そんな不登校児の数は決して少なくありません。

 

 

高校卒業資格が必要な大学受験

大学受験が可能に

大学受験が可能に

一度学校に行けなくなってしまうと再び学校に通うということはかなり難しく、そのまま学校に行けなくなってしまう子もいます。

 

日本の法律では、中学校までは義務教育とされているので、学校に行くことができなくても卒業をすることはできます。

 

しかし、それ以降、高校になると出席日数や基準となる点数を取ることができなければ卒業はおろか進級することさえもできません。

 

ましてや大学ともなれば言わずもがなでしょう。

 

しかし、大人になってから将来の目標ができたり、大学へ進学したいと考えるようになったりするケースもあると思います。

 

ただし、高校卒業の資格がなければ大学を受験することも出来ません

 

不登校児が大学入試に挑戦するために

それでは、一度不登校になってしまった子供は進学して夢をかなえることができないのでしょうか。

 

そんな子供たちにとって希望となってくれる制度が「高卒認定試験」です。

 

高卒認定試験は正確には高卒と同等の資格だというわけではありませんが、高卒認定試験に合格することによって、大学を受験して進学する資格を得ることができるというものです。

 

子供のころ不登校を経験していても、高校を卒業していなくても、高卒認定試験を受けることで、その後の道を切り開くことができる。

 

高卒認定試験は、そんな子供たちの救いとなるものなのです。

 

高卒認定試験の特長 出席日数不足・全日制に通えない

高卒認定試験は、何らかの理由があって高校を卒業することができなかったという人でも、この試験を受けることで大学の受験、進学が可能となる試験で現役の高校生でも受ける事が出来ます。

 

登校児のみならず、出席日数が足らず卒業が遅れてしまう生徒や全日制の高校に通うことが難しい生徒にとってメリットのある制度と言えるでしょう。

 

将来を切り開く希望の道

希望の道

希望の道

高卒認定試験は、不登校児童など学校に通えなくなってしまった子供にとっては将来を切り開くことができる希望の道でもあります。

 

また、高校を中退してしまった人がもう一度勉強し直したいと思ったときにも有効に利用できるシステムでもあります。

 

勉強したいという気持ちを持つ人にとっての強い味方である高卒認定試験のメリットは、それだけではありません。

 

実は現役の高校生でも高卒認定試験を受けることができるということをご存知でしょうか。

 

この制度は、例えば高校在学中の語学留学を希望する生徒にとっても大きな魅力を持っています。

 

出席日数が足らない・全日制高校に通えない不登校児にも

通常、語学留学をして日本の高校を離れた期間がある場合、その期間は休学扱いとなり、出席日数が足らない場合は卒業が遅れてしまうということになります。

 

しかし、留学前に高卒認定試験に合格しておくことで、留学期間を終えて戻ってきて出席日数が満たなくても、そのまま卒業、進学をすることができるのです。

 

もっと学びたいという人にとっては、時間を有効に活用することができる魅力的な方法です。

 

また、芸能活動やスポーツ選手として活動するなど、全日制の高校に通うことが難しい生徒も中にはいると思います。

 

学校で勉強することも確かに大切ですが、自分の出来ることに自信を持って活動できるということも素晴らしいことです。

 

そんな生徒にとっても、高卒認定試験はとてもありがたい存在となることでしょう。

 

高卒認定試験は、学びたいという気持ちを持つ人々にとって、その希望を叶えるための大きな足掛かりとなってくれる制度です。

 

家庭教師に高卒認定試験合格のサポートを依頼する

不登校となった子供に家庭教師を付ける事には様々なメリットがありますが、高校を卒業できない、高卒という学歴を手にする事が出来な状況となった場合、高卒認定試験合格のサポートを依頼する事で大学入試に挑戦する事が可能となります。

 

さらには高卒認定試験合格で、公務員試験、国家試験への受験資格を得る事も出来ます。

 

高卒認定試験は、40%程の正解率で合格となり難易度が低い合格させるための試験ですが、しかし可能であれば家庭教師からの学習指導を受けた方が有利である事に間違いはありません。

 

さらに、その後大学への進学を考えるならば、高卒認定試験合格のための勉強にとどまらず大学入試対策用の勉強をすべきで、不登校となった子供が大学を目指すならば家庭教師を付けて入試専用の学習指導を受けるべきです。

 

家庭教師に、高卒認定試験合格、そして大学入試合格のためのサポートを依頼する事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク