不登校の高卒認定で中卒より有利となる高卒と同等の学力との認定

将来の選択肢を広げる手段としての学歴・高卒認定試験合格を目指す

高卒認定試験に合格しても、高卒の資格を取得できるというわけではありません。

 

しかし、だからといって進学しない不登校の人が受けても全く役に立たないというわけではありません。

 

 

高卒と同等の学力との認定

高卒同等の学力

高卒同等の学力

企業が求人募集を出すとき、その資格の基準として「高卒以上」と書かれていることがあると思います。

 

そして、中には「高卒もしくはそれと同等の学力があるもの」とされている求人もあるでしょう。

 

この「高卒と同等の学力を持つ」という表現は、まさに高卒認定試験の合格者のことを指しています。

 

高卒認定試験に合格することで、高卒と同等の学力を認定されたということになるのです。

 

さすがにすべての企業で高卒と同等に扱われるということではなく、高卒以上の人のみという募集をしている企業もありますが、一部の企業では高卒者と同じように募集することが可能となります。

 

公務員・国家試験への受験資格

公務員に関しては、高卒認定資格に合格することで受験資格を得ることができますので、公務員になりたいという方で高卒資格を持っていない方は高卒認定試験にチャレンジしてみるというのも一つの道です。

 

また、高卒認定試験に合格すると、国家試験を受ける資格を得ることも出来ます。

 

選択肢の幅はそんなに大きくありませんが、就職を目指している方にとっても高卒認定試験に合格することは大きなプラスとなるでしょう。

 

しかし、高卒資格を得られるわけではないので、より選択肢を広げたいという場合には大学や専門学校に通って最終学歴をステップアップさせることが望ましいと言えるでしょう。

 

もちろん、進学するかどうかは、本人の将来の希望、就職したい職種によっても左右されます。

 

希望する職種への就職ができるように、前向きに高卒認定試験に取り組んでいきましょう。

 

高卒認定試験と大学入試 大学に合格出来る学力を身に付ける必要性

高卒認定試験を受ける人の多くは、そのあと大学、短大、専門学校などを受験します。

 

その為には、志望校の合格レベルに合わせた勉強をする事が必要です。

 

普通に高校に通って卒業した人達よりも、一層頑張る必要があるでしょう。

 

大学入試

合格出来る学力を付ける

合格出来る学力を付ける

高卒認定試験を受ける人の多くは、そのあと進学するために受験することとなります。

 

高卒認定試験に合格するだけでは最終学歴は中卒のままなので、進学を希望して、大学、短大、専門学校などを受験する方が多いのです。

 

しかし高卒認定試験は、あくまで基本的な学力を問われる試験であり、大学や短大の入試とは全くレベルが違うものであるということをまず自覚しておく必要があります。

 

つまり、高卒認定試験合格を目指して勉強を進めていても、大学に合格することの出来る学力を身につけることはできないということです。

 

高卒認定試験合格後に進学を希望する場合、志望する大学、短大、専門学校の合格のレベルに合わせた勉強をしていくことが必要になるのです。

 

国公立大学や有名私立大学などレベルの高い大学を目指そうと思えば、かなり難易度が高いということは、皆さんもご存知のところだと思います。

 

現役高校生であっても猛勉強が必要となる大学受験に、高卒認定試験合格者も同じ条件で臨むことになるのですから、それがいかに大変なことであるか想像がつくと思います。

 

現役高校生以上に頑張る必要性

高校に行っていないということは、現役高校生と比較してハンディキャップがあるということなので、その分努力しなければならないということになるでしょう。

 

そのため大学進学を希望する人は、高卒認定試験に備えた勉強を進めると同時に、塾や予備校に通う、家庭教師から指導を受けるなどで受験勉強をしている方が多いようです。

 

高卒資格がないからといって、その分試験が簡単になるわけではありません。

 

あくまでそのほかの人たちと同じ土俵で戦うことになるのですから、普通に高校に通って卒業した人たちよりも頑張る必要があるでしょう。

 

しかし、頑張れば高卒者と同じように大学生になることができるのですから、頑張り買いがあるというものです。

 

不登校でも高卒認定で社会で働けるよう 人生の選択肢を広げる手段

日本社会では、学歴が重視されるのが現実です。学歴がないばかりに、希望する職業に就く事が出来ないケースは多くあります。

 

不登校の経験があったとしても、将来の選択肢の幅を広げる為に高卒認定試験に挑戦し合格を勝ち取りましょう。

 

将来の選択肢を広げる手段としての学歴

選択肢を広げる手段

選択肢を広げる手段

芸能活動やスポーツの練習・試合などで高校に通うことができない子、病気や不登校などで学校に行けなくなってしまった子など、高校を卒業することができなかった場合のためにあるのが高卒認定試験です。

 

高卒の資格を取得できるというわけではありませんが、高卒と同等の学力があるということの証明となります。

 

学歴なんて関係ない。そんな考え方もあるかとは思いますが、残念ながら現在の社会では、どうしても学歴が重視されてしまうものです。

 

就職の基準として最終学歴が問われるのはもちろん、恋愛や結婚にも学歴が付きまとうこともあります。

 

子供が学校に通うのが辛い環境にあるのであれば、いっそ学歴がなくてもいい。

 

そんな風に考えてしまう親御さんもいるとは思いますが、やはり子供の将来を考えれば最終学歴は大切なものなのです。

 

実際、学歴がないばかりに希望の職業に就くことができないというケースは多くあります。

 

「学歴イコール幸せ」というわけでは決してありませんが、将来の選択肢を広げる一つの手段として学歴が重要であるということは事実です。

 

まずは高卒認定試験の合格を目指しましょう!

日本では中学校までは義務教育なので、中卒の資格までは自動的に手に入りますが、大切なのはその後です。

 

多くの企業では高卒以上か高卒と同等の学力が求められますので、まずは高卒認定試験の合格を目指していきましょう。

 

高卒認定試験に合格することができれば、不登校の経験があったとしても将来の選択肢の幅は広がりますし、その後進学につなげることができればさらにその幅は広がっていきます。

 

もちろん全日制の高校、もしくは定時制の高校って卒業するというのがベストではありますが、何らかの理由で高校に通えなかったという場合には、高卒認定試験を受けることを視野に入れてみましょう。

 

きっと将来は少しずつ広がっていくはずです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク