不登校の海外留学検討を契機に英語・英会話を勉強し身に付ける

留学の検討を不登校が英語・英会話を身に付けるきっかけに

不登校で日本の学校に通えなくなってしまったなら、海外の学校で一から始めてみるのも一つの方法です。

 

日本で過ごすのではなく望む外国の地で生活する…そんな風に考えると学校に行けないという事実を抱えていても少し気が楽になって感じるものです。

 

しかし、不登校になってしまった子供すべてが海外留学できるわけではありません。

 

 

英語などの外国語の言葉の壁

言葉の壁

言葉の壁

海外留学は、今までとガラリと環境も生活スタイルも変わることとなります。

 

そんなガラリと変わる生活が、不登校に苦しむ子供たちが今までと違う環境でのびのび暮らすために必要だという考え方もありますが、中にはそんな環境の変化に耐えられない子供もいるのです。

 

まず、一番大きいのは言葉の壁です。

 

たとえば、アメリカに留学するのであれば、生活はもちろんのこと学校の授業もすべて英語で行われることとなります。

 

もちろん、新しい環境や言葉にすぐ慣れて楽しい毎日を送ることができるようになる子供もたくさんいますが、そんな新しい環境がストレスとなってしまうケースもあるのです。

 

カウンセリングで向き・不向きを判断

まず大切なのは、留学が本当に適しているかどうかカウンセリングを行うことです。

 

人には向き不向きというものがあり、それを見極めるために行われるのがカウンセリングです。

 

海外の環境に上手くなじんでやっていけるかどうか、やる気はあるかどうかなど、留学生活に適しているかどうかを判断するのです。

 

途中で挫折してしまえば、日本でもダメ、海外でもダメだと自信を失ってしまうことにもなりかねません。

 

そんな失敗例を出さないためにも、本当に本人にやる気があるかどうか、適正はどうかなどを判断するカウンセリングを受けて、それから判断するようにしましょう。

 

素人判断ではなく、プロのカウンセラーを頼って診断してもらうことをおススメします。

 

こちらの「海外留学の特徴と不登校児に対するメリットと注意点」でご紹介している業者に無料相談される事もお勧めします。

 

英語・英会話を身に付けるきっかけに

実際に海外留学をするにしても、検討だけしてみるにしても、英語・英会話の能力を身に付けると今後の人生に必ず役に立ちます。

 

海外留学を検討する事をきっかけにして、英語と英会話を勉強する事を強くお勧めします。

 

英会話教室はあまたありますが、やはり教室に通えないという場合は個人的なレッスンを家庭教師に依頼しましょう

 

英語・英会話の能力は、たとえ海外留学をしなくても資格や学歴と同じように、様々な人生の場面で有益な付加価値の高いスキルとして評価されてアドバンテージとなります。

 

英語に関しての家庭教師については、以下の記事も参考にして下さい。

 

海外留学で家族から離れる効果 子供の成長と自ら壁を乗り越えるため

学校に通うことができずに、様々なストレスを抱えて悩むわが子。

 

そんな姿を見れば何とか力になって守ってあげたいと思うのが親心というものでしょう。

 

不登校の子供を何とか救ってあげたいと躍起になってしまうかもしれませんが、それが時として子供の負担となることもあるのだとまずは理解しておきましょう。

 

親が子供を守るのはあたりまえかもしれませんが、時には子供自身が解決しないと前に進めないということもあります。

 

不登校解決に親のサポートは必須ですが、最終的には子供自身が自分で乗り越える必要があります。

 

海外留学は言葉の壁もありますが、そんな環境で学校に通うことが出来る事は、子供の大きな自信となり、確実に成長を遂げます。

 

本当の子供の成長とは

子供の成長

子供の成長

不登校も、そんな問題のひとつではないでしょうか。

 

親が幾ら一生懸命になっても、それだけでは限界があります。

 

子供自身が自分で乗り越えない限りは根本的な解決にはならないのです。

 

不登校の子供が一からやり直すための方法として、海外留学を進める場合がありますが、海外留学となると親元を離れて一時的に生活を送るということになります。

 

そんな親と離れて過ごす時間が、子供を大きく成長させることにもつながるのです。

 

不登校経験児が自ら壁を乗り越えるために

ガラリと環境の違う海外で学校に通うのは、正直そう楽なことではありません。

 

新しい環境になじむまで時間はかかると思いますし、言葉の壁も存在するでしょう。

 

しかし、そんな環境で学校に通うことができるようになれば、その子の大きな自信へとつなげることができます。

 

そんな自信の積み重ねが不登校から抜け出すきっかけとなることもあるのです。

 

親からも日本からも離れて一から学校生活をやり直す。

 

そんな取り組みは確かに大変ですが、それを乗り越えることで子供は確実に成長を遂げます。

 

大切な子供に何かしてあげたいという気持ちは痛いほどわかりますが、時にはぐっとこらえて陰から見守っていてあげるということも大切だということなのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク