通信制高校に在籍しながら留学する方法 大学受験の条件をクリアする

海外の高校へ入学する・留学カウンセリングセンター

海外の高校に通うことで不登校の状態から抜け出し、立派に卒業へとつなげることの出来るお子さんも少なくはありません。

 

それだけ、海外でのびのびと学校に通うことがプラスとなって働いた結果なのでしょう。

 

しかし、そこから日本の大学に進学したいなど日本の環境の中に戻ってこようとする場合、その学歴がネックとなってしまうことがあります。

 

 

海外での資格が日本の学歴で対象外となるケースも

学歴が対象外となる場合も

学歴が対象外となる場合も

海外の高校を卒業した場合、その卒業資格はその学校のある国によって与えられた資格だということになります。

 

そんな海外での資格が日本の学歴においては対象外となってしまうことがあるのです。

 

不登校から海外の高校へ入り直して無事卒業し、いざ日本の大学に進学したいと思っても、日本の高校の卒業資格がないため受験できないというケースもあるのです。

 

やはり日本に戻るためには、日本の高校の卒業資格、高卒資格が必要となってしまうのです。

 

日本の高校に籍を置いたまま海外留学する

そこでお勧めしたいのが、日本の高校に籍を置きながら海外に留学するという方法です。

 

この方法なら、日本の高校を卒業したという名目になりますので、大学受験のための条件もしっかり満たすことができます。

 

日本の通信制の高校では、海外で取得した単位も日本の高校の単位として認めてくれる制度があります。

 

その制度を利用すれば、海外の高校に通っていても日本での高卒資格を手に入れることができますし、進学にも問題はありません。

 

将来的に日本の大学へ進学を考えているというのであれば、まずは通信制高校に入学し、そこから海外留学を行うというプランを立ててみてはいかがでしょうか。

 

日本での通学に悩む子供たちにとってはとても良い方法なので、ぜひもっと多くの子供たちに活用していただきたいものです。

 

海外の高校に入学する方法 留学カウンセリングセンターを活用

日本の学校にどうしてもなじめないという子供たちもいます。

 

いじめや人間関係の悩みなど何らかの理由が絡んでいるということが多いのですが、日本の窮屈な学習システム自体に上手くなじめない子供さんもいるのでしょう。

 

そのためなかなか学校に行くことができず不登校となってしまうケースも珍しくはありません。

 

そんな子供たちの新たな道として用意されているのが、海外の高校へ入学するという方法です。

 

不登校で日本の学校に通えないのならば、思い切って海外の高校へ入学するのも良い手段です。

 

ただ手続きが大変ですので、留学に関するカウンセリングセンターを利用しましょう。自分達だけで悩まず、専門家に相談する事をお勧めします。

 

海外の高校へ入学する

海外の高校へ入学

海外の高校へ入学

日本では中学校までは義務教育ですから、中卒の資格までは自動的に手に入れることができます。

 

しかし、その先、高卒、大卒の資格を手に入れるためにはきちんと学校に通わなくてはなりません。

 

不登校で日本の学校に通えないのならば思い切って環境を変えて海外の高校へ入学してはという考え方も多いようです。

 

親元を離れて新しい環境で過ごすことは、本人の自信にもつながりますし、長い人生を歩んでいくための大きな自信にもつながっていくでしょう。

 

寮に入ったりホームステイをしたりしながら学校に通うこととなるわけですが、留学手続きには親御さんの許可が必要となりますし、親御さんが英語に堪能でない場合その手続きを自分たちで行うのはかなり大変です。

 

留学カウンセリングセンター

そんな時に頼りにしたいのは、留学に関するカウンセリングセンターの存在です。

 

国や地域によって、費用やシステムなどに違いがあるので、子供さんの適性や費用面を考えた上でどの国にするか、どの高校にするかなどカウンセリングを受けながら相談して話を進めていくことをおススメします。

 

オーストラリアなどが良い例ですが、国によっては留学の受け入れ態勢が整っていて留学しやすいところもあります。

 

まずは自分たちだけで悩まず、専門家に相談てみるのが良いでしょう。

 

こちらの「海外留学の特徴と不登校児に対するメリットと注意点」でご紹介しています業者の無料相談の利用をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク