資格取得の特徴と不登校児に対するメリットと注意点と家庭教師

難易度を客観的に判断・通いやすい学校・フレキシブル対応をする学校

不登校というハンディーキャップを克服するために、資格を取得するというのも1つの有効な手段です。

 

資格を取り不登校を克服する事に関してご説明します。

 

 

特徴 千差万別の資格

資格取得について

資格取得について

資格と一言でいっても、実にさまざまな資格があります。

 

その取得の難易度も、数日講習を受ければ授与される資格から、取得までに数年も勉強・実務が必要とされるものもあり、それに伴い取得までの費用も違います。

 

またその取得方法も、通信講座を選ぶのか、専門の学校に通うのか、独学で学ぶのか、それぞれのアプローチがあります。

 

メリット1 新しい環境で勉強ができる

人それぞれ不登校の原因はありますが、資格取得に挑戦するにあたり、自宅学習をするにしろ、専門の学校に通うにしろ、自分の周囲の環境を今までとは全く違うものに変えることができます。

 

親には、どんな資格を、どうやって取得するのか相談・報告はするべきですが、しかしその他の人に知らせる必要もなく、誰にも知られず資格を取るための勉強をすることが可能です。

 

新しい環境で、自分が好きなように、好きな時間を費やして努力する、勉強することができる、これが資格取得のメリットです。

 

メリット2 自分の特徴・個性に合った資格

人にはそれぞれ特徴、個性があり、また得意なこと、好きなこと、していて楽しいことがあり、さらにその特異なこと、好きなことの中から選ぶことが出来る資格もあります。

 

資格に挑戦する場合、自分の得意な分野、好きな分野の中から、それを活かすことが出来る資格を見つけて挑戦してみる、自分の長所を伸ばすことで資格を取得することも出来ます。

 

メリット3 幾つでも持てる

現在ある資格には国家試験を必要とするものから民間企業認定の資格までいろいろとありますが、1人で幾つでも資格を持つことが出来ます。

 

例えば最初は、難易度の低い資格からスタートし、それの取得に成功したら上のレベルの資格に挑戦する、または別分野の資格に挑戦するということも可能です。

 

幾つ資格を持っても、持ち切れないということは決して有りません。

 

資格取得の不登校児に対する注意点と資料請求

資格取得にチャレンジする際の注意点は、自分の能力と資格の難易度を客観的に判断する事です。

 

まず難易度の低い資格に挑戦し、経験を積み次のステップを目指しましょう。

 

また、通いやすくフレキシブルな対応をする学校を選びましょう。

 

資格取得の注意点と資料請求の情報をご紹介します。

 

注意点1 難易度を客観的に判断する

資格取得の注意点

資格取得の注意点

取得しようと考える資格の困難さと、自分の能力を客観的に判断する必要があります。

 

一般的に難易度が高い資格ほど資格保有者は少ないので、社会的なニーズ・評価は高くなり、就職する場合も有利になります。

 

ただ自分の能力・可能性というものは自分ではなかなかと判断が出来ないものでもあります。

 

あまり最初から取るのが困難な資格に挑戦し、挫折してしまう、失敗してしまうという事態は、その後のやる気をなくしてしまう可能性があります。

 

最初は、難易度の低い資格から挑戦してみて、資格取得という経験を積んでから、次のステップを目指すと良いでしょう。

 

注意点2 通いやすいスクールを選ぶ

自宅で通信教育を選ぶ、また独自で勉強する場合は良いのですが、資格専門学校に通う場合、最優先するべきことは「通いやすいスクール」を選ぶことです。

 

距離が遠い、不便なところにある学校ですと、通うこと自体が負担となってしまいます。

 

注意点3 フレキシブルな対応をするスクール

また不登校を経験した方ですと、体調が優れない場合、学校に行きたくても行けないという場合もありますので、例えば授業を欠席しても、その授業が他の日に振り替えで受けられるようなフレキシブルな対応をしてくれるスクールを選ぶべきでしょう。

 

以下に紹介するところから無料で資料を請求し、従業の振り替えについて確認をするようにしましょう。

 

お勧めの資料請求先

 

資格の大原  ケイコとマナブ.net

 

注意点4 スクールに通えない場合は家庭教師に

もともと学校に通えなくなった不登校です、いくら資格取得だけのための専門スクールでも通えないというケースもあります。

 

そんな場合は、やはり家庭教師に勉強の指導を受ける事をお勧めします。

 

全ての資格取得に対応が出来るとは限りませんので、資料請求し問い合わせをすると良いでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク