目的別 選ぶべき家庭教師

目的別 選ぶべき家庭教師 記事一覧

高校受験
高校受験 / 分からない所を見極め適切な学習指導をする家庭教師

高校受験を目的とする中学校3年生と、大学受験を目的とする高校3年生の場合、同じ受験生といえど、大きな違いがあります。それは、「高校3年生に比べ、中学3年生の方が『分からない場所が分からない』危険性が大きい」ということ。分からなくなったところが分からない高校受験対策当然のことながら、高校生に比べて、中学生は物事の把握や客観視が苦手です。そのため、「苦手科目がある」児童の場合、「そもそも分からなくなっ...

続きを読む
大学受験
大学受験 / 苦手科目の穴を埋め総合得点のアップを目指す家庭教師

高校受験のときと違い、大学受験の場合、雇うべき家庭教師は指導の仕方だけで選んでしまって問題ありません。苦手科目の穴を埋めていく家庭教師大学受験対策もちろん、極端に相性の悪い家庭教師や問題のある教師は除きますが、高校受験のときほど「相性」「信頼感」は大事にはなりません。中学生だった時と違い、高校3年生ともなれば、ある程度客観視ができています。また、高校受験に比べて「これからの人生」に及ぼす影響が極め...

続きを読む
不登校児
不登校児 / 相性と人柄重視で慎重かつ迅速に家庭教師を選ぶ

中学受験、高校受験、大学受験。「家庭教師を雇いたい」という理由の多くが、上記のような受験絡みでしょう。受験を目的にする場合、やはり「成績アップ」が最終目的になります。相性のいい家庭教師を選ぶのも、最終目的である「合格」「成績アップ」にいいからであり、言ってみれば手段の一つです。しかし不登校児を抱える家庭が家庭教師を望む場合は、その限りではありません。相性と人柄重視で選択する不登校児の家庭教師不登校...

続きを読む
知的障害・学習障害児
学習障害・知的障害・発達障害 / 専門知識と経験を持つ家庭教師を

学習障害、知的障害、発達障害のある子供を持つ親御さんには、人並みならぬご苦労があると思います。率直に言って学習、知的、発達障害のある子供を教えられる家庭教師、及び派遣会社の数は多くありません。学習障害と知的障害の違い学習障害知的障害の家庭教師学習障害は、学習面に困難があるが、会話能力・判断力などの知能の他の面では障害がないことを意味します。知的障害は、学習面も含め、知能面など全般的に問題があること...

続きを読む
学業不振児
学業不振児 / ストレスを取り子供が分かる言葉で指導する家庭教師

「学業不振児」という言葉をご存知でしょうか?これはその名前の通り、「学業が不振で、その学齢で求められる学習能力に到達していない児童」を指します。知的障害では無い学業不振児学業不振解消ただし注意してほしいのは、彼らの知的レベルはあくまで正常であり、いわゆる知的障害とは区別される、という点です。また、近年取り上げることが多くなってきた学習障害(LD/特定の分野においてだけ理解が困難である障害。計算は問...

続きを読む
超難関校・難資格取得
超難関校・難資格取得 / 高額なスーパー家庭教師・合格請負人

家庭教師には、いくつかの学習指導目的の種類があります。学業不振児や不登校児など、学力レベルが低い生徒を引き上げるもの。一般的な受験対策として雇われ、中堅校をめざすもの。そしてもう一つ、超難関校や難しい資格を取得するためのもの。ここでは、この超難関校や難しい資格を取得するための家庭教師に関してご説明します。超難関校や難資格取得のための家庭教師超難関校用の家庭教師「スーパー家庭教師」「合格請負人」「家...

続きを読む
英語・英会話習得
英語・英会話習得 / 生きた英語に接する事が出来る英語家庭教師

「家庭教師」といえば、受験対策用の家庭教師を思い浮かべるひとがほとんどでしょう。ですがここでご紹介する「英語家庭教師」は、それとは違い英語を専門に教える家庭教師のことです。英語専門の家庭教師英語の家庭教師国際化が叫ばれる中、英語を学ぶ方法というのも多彩化しています。学習塾、通信学習、会話教室。もちろん独学で行う人もいるでしょう。英語の家庭教師のメリットは、学習塾や通信学習と違い、「生きた英語」に接...

続きを読む

facebook はてなブックマーク