学習障害・知的障害・発達障害 / 専門知識と経験を持つ家庭教師を

学習障害・知的障害・発達障害の家庭教師 : 家庭と連携した専門の教師

学習障害、知的障害、発達障害のある子供を持つ親御さんには、人並みならぬご苦労があると思います。

 

率直に言って学習、知的、発達障害のある子供を教えられる家庭教師、及び派遣会社の数は多くありません。

 

 

学習障害と知的障害の違い

学習障害・知的障害の家庭教師

学習障害
知的障害の家庭教師

学習障害は、学習面に困難があるが、会話能力・判断力などの知能の他の面では障害がないことを意味します。

 

知的障害は、学習面も含め、知能面など全般的に問題があることを意味します。

 

知能指数で、70ないし75未満のものと定義される場合もあります。

 

これらはいわゆる定義であり、個々の障害のレベルにもは当然個人差がありますので、実際の学習障害と知的障害の違いは明確ではないようです。

 

発達障害について

発達障害は、脳機能の障害が原因であるため自閉症の場合は知的障害を伴う場合もあり、知的障害は発達障害の一つであるとされています。

 

発達障害の診断はコミュニケーション能力や適応能力などで行われ、

  • ASD:自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群
  • ADHD:注意欠如多動性障害
  • LD:学習障害

に分けられます。

 

これらの子供の障害に共通していえることは、放置しておけば学習面で著しい遅れが出てしまうということです。

 

学習障害・知的障害・発達障害のある子供を教えられる家庭教師

学習障害・知的障害・発達障害を持つ子供への家庭教師に求められるものは、何といっても専門的な知識と体験です。

 

障害を持つ子供の学習環境を整え、特徴を理解し、進路選択に取り組み、分からないを分かるに、出来ないを出来るに変える体験を通じての学習指導が望まれます。

 

また、保護者との学習状況や成果、支援の在り方について良く話し合い、保護者とも信頼関係が持てることも基本的な条件です。

 

ご紹介します「ノーバス」は、知的障害・学習障害・のみならず、不登校、ひきこもり、発達障害のASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)のコースを持つ家庭教師派遣会社です。

 

このコースの特徴をノーバスでは以下のように説明しています。

  • 将来の社会的自立にむけた教育の視点

    こころの問題・進路の問題を認識しサポート

  • 適切なサポートと学習の空間

    多様な問題を抱えた児童の状況に合わせた適切なサポート

  • 働きかけと人との関わり

    学校復帰や人との関わりあいに状況に注意しながら段階を踏んでアプローチ

  • 家庭との連携

    時期を見逃さないように、保護者や児童が相談できる窓口・相談室を設けている

 

学習に対しての障害を持つ子供に家庭教師を検討されてみえる方は、資料を取り寄せて検討されることをお勧めします。

 

家庭教師のノーバス

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

 

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
右側「こころの未来」をタップ

 

尚、学習障害・知的障害・発達障害に関しては、カテゴリー「学習障害・知的障害の子供の学力面の特徴」以降の記事で詳しくご説明していますので、是非参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク