不登校児 / 相性と人柄重視で慎重かつ迅速に家庭教師を選ぶ

不登校児の家庭教師 : 何よりも相性と人柄重視で選択するのが大切

中学受験、高校受験、大学受験。

 

「家庭教師を雇いたい」という理由の多くが、上記のような受験絡みでしょう。

 

受験を目的にする場合、やはり「成績アップ」が最終目的になります。

 

相性のいい家庭教師を選ぶのも、最終目的である「合格」「成績アップ」にいいからであり、言ってみれば手段の一つです。

 

しかし不登校児を抱える家庭が家庭教師を望む場合は、その限りではありません。

 

 

相性と人柄重視で選択する

不登校児の家庭教師

不登校児の家庭教師

不登校になる原因の5割以上が人間関係によるものです。(一番大きな、「個人の問題/38.8%」を除外してもこの数値)

 

まったく知らない人間関係を築くのは、大人であっても少し気疲れするもの。

 

外部からの接触に過敏になっている不登校児なら、なおさらです。

 

学力低下は深刻な問題ですが、不登校児に家庭教師をつける場合、何よりも重要視しなければならないのは、「子供と教師の相性」です。

 

むしろ初期の段階では、成績アップは副次的な要素である、とまで言っても言い過ぎではありません。

 

環境を整える必要

まず、「外部との接触は怖くない」「家族以外にも自分のことを考えてくれる人がいる」と思える環境を整えることが必要なのです。

 

しかし一概に「こんな家庭教師が良い」と言えないのも事実。

 

親近感が持てるからという理由で大学生の家庭教師を選んだ場合、逆に「頼りない」「学校のことを思い出す」とマイナスに働くこともあります。

 

優しく接する家庭教師だと、甘えが生じるケースもあります。

 

受験対策として家庭教師を選ぶ以上に神経を使うことになりますが、慎重かつ迅速に選びましょう。

 

教師派遣
会社

不登校

通信指導

無料体験

対応

地域

インターネット

FAX添削

ノーバス

関東

ガンバ

関東

-

-

あすなろ

全国

-

-

ネッティー

全国

-

教師
派遣
会社

不登校

通信指導

無料
体験

対応

地域

インターネット

FAX
添削

ノーバス

関東

ガンバ

関東

-

-

あすなろ

全国

-

-

ネッティー

全国

-

不登校児に関しては、現役の中学校教員である管理人の友人の以下の記事を参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク