学業不振児 / ストレスを取り子供が分かる言葉で指導する家庭教師

学業不振を解消するための家庭教師 : 家庭教師の手助けが必要

「学業不振児」という言葉をご存知でしょうか?

 

これはその名前の通り、「学業が不振で、その学齢で求められる学習能力に到達していない児童」を指します。

 

 

知的障害では無い学業不振児

学業不振解消

学業不振解消

ただし注意してほしいのは、彼らの知的レベルはあくまで正常であり、いわゆる知的障害とは区別される、という点です。

 

また、近年取り上げることが多くなってきた学習障害(LD/特定の分野においてだけ理解が困難である障害。計算は問題ないのに文字が読めななかったりする)とも分けられています。

 

家庭環境や学習環境の不備により著しく学力レベルが低くなっている状態ですので、解決することは可能です。

 

脳障害や知的障害はないので、それぞれにあった指導要領を組み立て、時間を割き、丁寧に取り組んでいけば良いのです。

 

学業不振児のストレスを取り除く家庭教師

しかしこれは、言うは易し行うは難し。

 

大勢の生徒を一度に教える学校という枠組みの中においては、ほとんど不可能と言えます。

 

そこで家庭教師の出番となります。

 

学業不振児にとって、他の生徒と比べられる学校での授業は大きなストレスです。

 

たとえばスワヒリ語で授業を行われているようなものなので、興味を持てるはずがありません。

 

家庭教師はこのストレスを取り除き、子供が分かる言葉で授業を進めていくことができるのです。

 

中学校3年生であっても、小学校4年生程度の知識しか持っていない児童には、小学校3年生のレベルから教えていきます。

 

このような個別の学習指導なしでは、学校の授業はどんどん進むし、保護者も本人も焦ります。

 

しかしこうして、家庭教師と共に一歩ずつ進んでいくことが結局一番の近道なのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク