家庭教師の選び方 - 中学受験に合格する勉強法と外部教育機関

中学受験に合格する勉強法と活用すべき外部の教育機関

中学受験に挑戦する方へ、受験に失敗しない秘訣をお伝えします。中学受験勉強に成功し合格するために親子ですべき準備、対策、実践として家庭教師、学習塾、通信巨幾などの活用、また面接などの注意点などをお伝えします。

中学受験には、より高度な教育が受けられる、安全な環境で学習が出来る、希望通りの学校に通える、受験戦争を早めに終える事が出来るなど、様々なメリットがあります。

 

ここからは、中学受験に合格するための勉強法と、活用したい家庭教師・学習塾・通信教育などの外部の中学受験用の教育機関についてご説明します。

 

中学受験に挑戦したいけど…

中学受験の色々な疑問点

中学受験の色々な疑問点

  • 中学受験の現状や傾向は…

  • 子供の能力で合格できる中学は…

  • どういう準備が親子で必要なのか…

  • 子供の性格にマッチした受験の勉強法は…

  • 学習塾・家庭教師・通信講座のどれを選べば良いのか…

  • それら3つの勉強法のメリット・デメリット・注意点は…

  • 親子で臨む面接では何が質問されどう回答すれば良いのか…

  • 中学受験の合否判定で大きなウェイトを占める面接での注意点は…

  • 試験前夜・試験当日で注意すべき事は…

 

大切な中学受験の準備

大切な中学受験の準備

そんな数々の中学受験に対する疑問・不安に関して、家庭教師、また学習塾の個別指導で中学受験の勉強法、教育指導体験を持つ私が、失敗しない中学受験対策の秘訣、また勉強法をお伝えします。

 

中学受験で合格を勝ち取る方法・ノウハウとして以下の内容を以下のようにお伝えしています。

 

準備編

中学受験を検討する保護者の方に、中学受験の現状など親子共に受験を勝ち抜く指針、子供の学習能力や学習習慣を分析する事、親子共々の中学受験への心構えと準備の重要性、準備すべき事、理解しておくべき事をお伝えします。

 

対策編
中学受験の勉強法

中学受験の勉強法

中学受験専門コースがある家庭教師派遣会社、個別指導の学習塾、通信教育会社、検討すべき勉強法、塾・家庭教師・通信教育の変更、併用の効果、受験校のテスト問題や過去問、模試、自宅学習についてのアドバイスを紹介します。

 

家庭教師・学習塾・通信教育

最も成績の上がり幅が大きい家庭教師に関しての特徴、学習塾、通信教育と違う教師の性格が大きく反映される事、どんな家庭教師を選ぶのが良いのか、学習塾に向くタイプか、学習塾のメリット・デメリット・注意点、通信教育の課題についてご説明します。

 

実際編
中学受験を応援します

中学受験を応援します

中学受験で必須の面接対策で保護者の存在も大きい面接で注意すべき事、準備すべき事、受験試験当日の疑問で、腕時計は使うべきか、筆記用具はシャープペンか鉛筆か、試験前日の過ごし方などをお伝えします。

 

体験談

子供に中学受験を受けさせ合格した方々の体験・体験談をお伝えします。また受験を終えた後で注意して頂きたい燃え尽き症候群、不合格となった場合に親子で心掛けて欲しいこと、友人の実例をご案内しています。

 

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

中学受験に合格する勉強法と活用すべき外部の教育機関 関連ページ

お勧め中学受験対策の外部教育機関一覧
中学受験対策として、お勧めの中学受験専門、または専門コースの設定がある家庭教師派遣会社、個別指導が受けられる学習塾、通信教育会社をご紹介します。まずは資料を取り寄せて検討する事をお勧めします。
中学受験の現状を把握するため学校の数と倍率をチェック
中学受験の準備として、住む地域の私立中学の学校の数と倍率を把握しておきましょう。中学受験の倍率には、全国で中学受験をする比率と、志望校に合格する割合の2つがあります。合格の倍率は、その学校の偏差値には何ら影響されません。
中学受験のメリットはより高度な教育と安全な環境での学習
中学受験には、より高度な教育が受けられるというメリットと、地区の中学校の治安が劣悪な場合、安全な環境で学習が出来るというメリットがあります。またエスカレーター式の学校なので受験が中学受験だけで終わるというのもあります。
中学受験に成功すると希望の学校に通えて自信が持てる
中学受験に成功すると、希望の学校に通える事になったという非常に大きい喜びを得て、これからの生活に胸を躍らせる事が出来ます。また子供が、自分自身で収めた成功感で自信を持つ事になり、その自信は大きな支えになるでしょう。
中学受験の併願は通いたくない学区がある場合に有効
中学受験の併願は、本来進学むべき学区の中学校が荒れているから、その中学には通いたくないというのが受験動機の場合に有効です。学区外で滑り止めとなる合格学校を確保すれば、第一志望校の受験も安心して挑む事が出来ます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead