中学受験に必要なお金と保護者一体で取り組む姿勢

中学受験に必要なお金と保護者一体で取り組む姿勢

幼稚園の受験、小学校の受験、中学校の受験、高校の受験、大学の受験…

 

人生においては何度も「受験」を体験する機会がありますが、年齢が下であれば下であるほど、保護者の関わり方は大きくなってくると言えます。

 

中学受験において、保護者に必要な心構えと準備はどういったものなのでしょうか。

 

 

潤沢な資金があれば望ましい

資金の重要性

資金の重要性

保護者に必要な中学受験の準備…

 

それは、とてもシンプルで、ある意味汚く聞こえるかも知れませんが「お金」です。

 

東大合格者の保護者の8割以上が、平均年収よりも上の稼ぎである、5割以上が年収900万円以上の世帯という話もあります。

 

詳しくは後述しますが、「お金がないから」「保護者の社会的地位が低いから」という理由で私立受験で不利になる事は、現在では先ずありません。

 

しかしながら、資金が潤沢であれば、その分塾や家庭教師と言った「勉強する環境」にお金を割けるという事は紛れもない事実です。

 

言い換えるなら、資金に余裕がなければ、他の中学受験に対するサポート体制が必要、という事です。

 

保護者の心構え

何よりも大切なのは、保護者の心構えです。

 

一緒に勉強していく、という姿勢をとる、という事。

 

間違っても、子供がリビングで勉強している横で、テレビなどをつけてはいけません。

 

また、お勧めなのが、保護者も何かの資格試験に挑戦する、というやり方。

 

お父さん ( お母さん ) も一緒に勉強しているよ、という姿勢を見せる事は非常に有効です。

 

まとめ・注意点

中学受験には、お金と保護者も、一体になって取り組む姿勢を見せる事が大事です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク