中学受験は担任に伝え勉強面の特別サポートは期待しない

中学受験は担任に伝え勉強面の特別サポートは期待しない

先ほどの項目では、中学受験で「小学校に対して行える事」を主題に考えました。

 

ここでは、「小学校からのサポートは期待できるか」という方向からアプローチしていきます。

 

 

担任への告知について

担任への告知

担任への告知

「落ちた時が気まずいから、周囲には中学受験をする事は内緒にしている」という家庭も多いでしょう。

 

しかしこの場合でも、中学受験の事を担任には話をしておいた方が望ましいです。

 

小学校側からの書類が必要である、という事もありますが、話をする事によってアドバイスを貰える事も多く非常に有用だからです。

 

今から数十年前は、「中学受験などすべきではない」と考えている教師も少なからずいましたが、今ではそのように考える教師というのは、少数派になっています。

 

勉強面でのサポートは期待出来る?

しかしながら、勉強面で中学受験用の特別な配慮やサポートをしてもらえる、という事に関しては、期待しない方が良いでしょう。

 

もちろん分からないところをピックアップして職員室に聞きに行けば、丁寧に答えてくれる教員がほとんどです。

 

しかし教師、特に公立の小学校の職員というのは、一人で四十人近い教室を受け持つもの。

 

一人だけに関わっている事は出来ません。

 

そのため、「分からないところを教えてもらい、時々進路についての相談に乗ってもらえる」というだけで御の字、と思うべきで、それ以上のサポートを期待するのは難しいです。

 

中学受験で、もっと学力面での強化が必要と感じるなら、保護者が教えたり、塾や家庭教師、あるいは通信教育といったものを利用しましょう。

 

まとめ・注意点

中学受験をする事は、担任に伝え勉強面での特別なサポートは期待しないようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク