大切な受験対策としての読書と国語能力を高めるための読書

大切な受験対策としての読書と国語能力を高めるための読書

しばしば受験と一緒に語られるのが「読書」。

 

この「読書」には二通りの意味があります。

 

 

純然たる受験対策としての「読書」

読書の重要性

読書の重要性

一つ目は、純然たる受験対策としての「読書」です。

 

もっと具体的に言ってしまえば、「テストによく出題されている作者・物語の本を読む」という事。

 

これはかなり有効な手段です。

 

一度自分が読んだ事のある本とそうでない本の場合、正答率に大きく差が出ます。

 

ここ近年の中学受験での頻出著者は、重松清、椰月美智子、外山滋比古など。

 

また、面接時にはよく「好きな本は何ですか?」と聞かれるので、ある程度は読んでおきましょう。

 

素養としての「読書」

私の実際の、中学受験のための勉強法の指導体験から言えることですが、読書が好きな子で国語の成績が悪い、という子は非常に稀です。

 

また、国語の成績が極端に悪いけれども他の成績が非常に良い、という子供も、そう多くはありません。

 

というのも、文章を読み解く力が決定的に欠如している場合、算数の文章題がまず解けないからです。

 

読書をするという習慣がある子供というのは、自然と机に向かっている時間が長くなりますし、語彙能力も豊富になります。

 

つまり、勉強の出来る子にするには、国語能力を高めるための読書は非常に有効であるという事です。

 

さて、よく言われる「読書好きにするにはどうしたらいいか」ですが、これはまず保護者が本を読む事。

 

これにつきます。

 

また、小学校6年生の段階ならともかく、小学校低学年~中学年の頃には、例えその子が読んでいる本が「簡単な」ものであっても、たとえ漫画であっても取り上げるのは厳禁。

 

まずは「活字に向き合っている事」を評価し、文章に対する嫌悪感や抵抗感をなくしましょう。

 

まとめ・注意点

受験対策としての読書と、国語能力を高めるための読書をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク