家庭教師の選び方 - 中学受験・対策の検討と実施

中学受験・対策の検討と実施

中学受験対策ではどんな勉強法を選んだら良いのか?途中で学習塾→家庭教師のような変更は有意義かマイナスか?家庭教師・塾・通信教育の併用は?中学受験対策実施にあたり、注意するべき事、知っておいて頂きたい事をお伝えします。

中学受験の勉強時間を確保するために外部に学習指導を依頼


中学受験に挑む場合、家庭内での学習指導、独学でもいけない事はありません。しかし決して失敗をしたくないならば外部にお願いした方が良いでしょう。ある程度の強制力がないと1日に5時間以上勉強時間を確保する事は難しいからです。

≫続きを読む

 

中学受験の学習指導選択には子供のタイプの見極めが重要


中学受験の学習指導は、学習塾・家庭教師・通信教育から選ぶ方が大多数ですが、その選択には子供を総合的に見てタイプを見極める事が大変に重要です。また子供が習い事をやっている場合その継続について、よく話し合いましょう。

≫続きを読む

 

中学受験の勉強法の変更は子供と良く話し合い作用を検討


中学受験の勉強法や学習を家庭教師から学習塾へ、または学習塾から家庭教師へと途中で変更する事も少なくありません。基本的に学習能力アップは通信教育より学習塾、学習塾より家庭教師ですが、変更する際は必ず子供と話し合いましょう。

≫続きを読む

 

塾・家庭教師・通信教育を併用する中学受験勉強法


もし経済的に余裕があるならば塾・家庭教師・通信教育の併用で中学受験対策を行う事をお勧めします。私の経験から、これらの併用方法が非常に有効です。3つの学習指導のメリットを最大限に活用する事が可能となります。

≫続きを読む

 

受験中学校の問題傾向情報を塾や家庭教師から入手しレベル確認


中学受験校のレベルを知る事は、受験対策として必ず行うべき事です。偏差値情報などはネットで簡単に集める事が出来ますが、過去の問題、さらにテスト問題の傾向に関しては、独自のノウハウを持つ学習塾や家庭教師から入手しましょう。

≫続きを読む

 

偏差値や模試の合格率の低さで中学受験を諦める必要はない


小学校6年生の段階で受験する中学校の偏差値に達していない、あるいは模試での合格率が40%を切る場合でも、中学受験を諦める必要は全くありません。小学生の場合は非常に伸びしろがあり、成績を伸ばし挽回する事例が多々あります。

≫続きを読む

 

受験中学校の過去問を入手し最低5年分は解いておく勉強法を


中学受験対策の実施として、受験校の過去問をネット等で入手して最低でも5年分は解いておく事をお勧めします。中学受験で過去問はやっておかないと後悔します。過去問は、大切な基礎学習能力の教本、手引書の一つとなります。

≫続きを読む

 

中学受験模試で自分のレベルが分かり問題傾向の予測が出来る


中学受験の模試は、受ける事で自分のレベルが分かり、また問題傾向の予測が出来るようにもなるので、たとえ学習塾に通っていなくとも受けることを強くお勧めします。度胸をつける、テストに慣れさせるという意味でも非常に有効です。

≫続きを読む

 

中学受験必須の自宅学習は進め方と時間配分を考え効果的に


中学受験では、学習塾に通っていても自宅での学習は必須です。学習塾や家庭教師の授業以外の時間を、家での学習時間に当てる事は必要不可欠です。自宅で勉強し、自分でやってみて分からなかった所を教師に聞くという事が大切です。

≫続きを読む

 

中学受験対策の成功の秘訣は公立中学を敵視せず臨む事


中学受験対策のハウツー本では、しばしば公立中学のネガティブ要素が指摘されますが、公立学校を軽んじるのは中学受験対策として望ましくありません。敵を作るのではなく志望校に合格すると楽しいというプラスイメージで取り組みましょう。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead