中学受験の勉強時間を確保するために外部に学習指導を依頼

中学受験の勉強時間を確保するために外部に学習指導を依頼

前述したように、小学校に中学受験の勉強法でのサポートを求める事は、かなり難易度が高いです。

 

小学校が「どこまで」学習面で力を貸してくれるか、というのは、学校ごと、あるいは担任ごとによって大きく変わるからです。

 

 

「外での学習」は必要か

外での学習

外での学習

そのため、自分達で学習面を補っていく方法を取る事の方が現実的です。

 

中学受験レベルですと、確かに家庭教師や学習塾、あるいは通信教育といった方法をとらず、独学でもいけない事はありません。

 

実際、もっと学力測定がシビアになってくる大学受験などでも、東大などの超一流校であっても、塾なしで合格する人もいるからです。

 

しかし、無難に考えるなら、そして決して失敗をしたくないならば、やはり外部にお願いした方が良いでしょう。

 

ある程度の強制力がないと、1日に5時間以上勉強時間を確保する事が難しいからです。

 

どの手段を選ぶのか

中学受験で、どの手段を選ぶのか、というのが一番大きな問題です。

 

詳しくは後述しますが、その子の性格、あるいは経済状況によって選んでいく方がいいでしょう。

 

この家庭教師、学習塾、通信教育の3つのほかに考えられる手段としては、「保護者、あるいは兄弟がつきっきりで教える」というものがありますが、これは、保護者や兄弟の方に相当高い技術が求められるため、教職についている、などでなければ難しいかも知れません。

 

まとめ・注意点

ある程度の強制力で、1日5時間以上勉強時間を確保する事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク