中学受験の学習指導選択には子供のタイプの見極めが重要

中学受験の学習指導選択には子供のタイプの見極めが重要

1日のうち、学校以外に最低5時間の勉強。

 

3年生からやっていたとしても、1日で3時間の勉強が平均的な時間のため、どうしても勉強に重点がおかれる生活になってしまいます。

 

 

だからこそ子供のタイプを見極めて

タイプの見極め

タイプの見極め

家庭教師、また学習塾の個別指導の、両方の中学受験の勉強指導体験者の私としては、だからこそ、子供のタイプを見極め勉強生活を送る事が大切であることを強くお伝えします。

 

自分の子供の性格はどうなのか、その子にあった勉強法はどんなものなのか?

 

真面目にコツコツと勉強していくタイプ? 

 

それとも一時に集中してやるタイプ?

 

時間は短くても、要領よく事を進めていけるタイプでしょうか。

 

これらの事を総合的に見て判断し、学習指導の依頼を学習塾・家庭教師・通信教育から選ぶようにしましょう。

 

スポーツや部活をどう考えるか

高校受験、あるいは大学受験の時と違い、中学受験の時というのは、子供はあまり「部活動」をやっていない、という状況がほとんどでしょう。

 

そのため、「部活動か勉強か」という選択肢を迫られる事はほとんどありません。

 

しかし子供が、昔からずっと何かの習い事をやっている場合、それをやめるかどうか、という事は、よく話し合わなければなりません

 

中学受験を、という保護者の希望はとても大切ですが、「受験のために好きだった習い事をやめる」事を、子供本人が納得していない状態で強行すれば、後々の後悔や、親子間の溝にもなります。

 

何事も、「無理なく」を中学受験のポイントにしましょう。

 

まとめ・注意点

無理なく受験成功するには、子供のタイプを見極め習い事の継続を含めて勉強生活を送る事が大切です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク