中学受験必須の自宅学習は進め方と時間配分を考え効果的に

中学受験必須の自宅学習は進め方と時間配分を考え効果的に

中学受験に於いての「自宅学習」には、どのような意味があるのでしょうか。

 

ここでは「家でする勉強」に焦点をあてます。

 

 

自宅での学習は必須

必須の自宅学習

必須の自宅学習

学習塾に週四で通っている、という子供であっても、自宅での学習は必須です。

 

そうでなければ、1日に最低3時間 ( 小学校3年生より実施時。小学校6年生からやり始めるなら、この倍は欲しいところです。 ) の学習時間は確保出来ないからです。

 

実際、小学生の受ける講義の時間というのは、学習塾でも家庭教師でも1時間~2時間という風に区切られているのがほとんどです。

 

そのため、残りの時間を家での学習時間に当てる事が必要不可欠になってくるのです。

 

学習塾・家庭教師・通信教育を受けているのなら

学習塾や家庭教師、あるいは通信教育を受けているのであれば、自宅での学習は、その教材を予習もしくは復習にあてるのが妥当でしょう。

 

そして、自分でやってみて分からなかった所を教師に聞くのです。

 

この方法ならば、「お金をかけて」行っている教師との講義時間も無駄になりません。

 

「宿題にあてる」という声も当然あるでしょうが、よほど特殊な学校でない限り、小学生の宿題は30分もあれば終ってしまいます。

 

宿題をこなしつつ、他の問題集を解いていくというやり方が中学受験では一般的です。

 

尚、当然ですが、子供がリビングなどで勉強する場合は、保護者にも配慮を求めたいものです。

 

まとめ・注意点

どんな場合でも必須の自宅学習は、進め方と時間の配分を考え効果的に行いましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク