中学受験で学習塾を選ぶ際は子供の性格と塾のハード面をチェック

中学受験で学習塾を選ぶ際は子供の性格と塾のハード面をチェック

前章では「家庭教師」について見てきましたから、ここからは中学受験対策としての「学習塾」について見ていきましょう。

 

学習塾について

学習塾について

「外部の学習機関」で最もポピュラーなのが学習塾です。

 

 

学習塾に向く子供はこんな子供です

中学受験対策で学習塾、という選択肢を選ぶべき子供としては、以下のようなものがあげられます。

 

  • 自分の分からないところを積極的に教師に質問する事が出来る
  • 大人数あるいは他の子供がいる所であっても学習に集中出来る
  • 他の子供の目があってもプレッシャーを感じない

 

つまり、積極性があって人見知りせずプレッシャーに強い ( あるいはプレッシャーを受けない ) という子供が望ましい、という事です。

 

これは実は少人数の学習塾であっても、あまり変わりません。

 

もちろん少人数の方が圧迫感が少ないのは事実ですが、それでも「周りに常に人がいて、しかもその人達とは将来戦う事になる」という状況には変わりがないからです。

 

周囲の環境

さて、今までは子供のソフト面を見てきました。

 

次はハード面です。

 

  • 学習塾は近所にあり通塾に大きな時間的負担がかからないか
  • 通おうとしている学習塾のレベルは適正か
  • 教師陣に理解やノウハウがあるか

 

この点をチェックしましょう。

 

中学受験対策として長く通う事になるのですから、このような点で納得がいっていないと、後々負担になってきます。

 

まとめ・注意点

学習塾を選ぶ場合、子供が塾に向くかどうかをチェックし塾のハード面も調べるようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク