中学受験勉強法での学習塾のメリットは豊富な傾向対策情報

中学受験勉強法での学習塾のメリットは豊富な傾向対策情報

学習塾について、ここからは更に深く掘り下げていきたいと思います。

 

まずは、学習塾のメリットとデメリットをお伝えします。

 

 

「傾向と対策」「試験慣れ」が最大のメリット

学習塾のメリット・デメリット

学習塾のメリット
デメリット

家庭教師や通信教育であっても、中学受験の傾向と対策を練る事は可能です。

 

しかし、試験の傾向と対策の面で一番強いのはやはり学習塾です。

 

更に「試験慣れ」が出来るのが一番嬉しい事です。

 

学習塾ではまめにテストを行っていますし、模試も管轄しています。

 

加えて常に「競争相手」になる子供が周りにいるため、緊張感を維持する事が出来るでしょう。

 

また、学習塾は費用の面でも安くなる傾向にあります。

 

通塾時間と「大人数」

対して学習塾のデメリットです。

 

「大人数」である事はメリットの一つでもありますが、「自分一人がさぼっていても見つからないだろう」という気持ちを生み出してしまったり、一人一人に密着した中学受験の指導が出来ないというデメリットがあります。

 

もちろんこれは子供の性格にもよるのでしょうが、結構大きな問題ですね。

 

また、通塾時間も気にしたいもの。

 

近所でいい学習塾があればいいのですが、そうでない場合、自分で出向く事になります。

 

時間もかかりますし、小学生一人で行く場合、安全面でもちょっと不安ですね。

 

また、子供の体力面的にもかなりの負担が強いられてしまいます。

 

まとめ・注意点

学習塾の、メリットは豊富な試験の傾向と対策情報、デメリットは密着した指導が受けられないという事です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク