中学受験の模試を受け教師の情報を入手し学習塾を最大限に活用

中学受験の模試を受け教師の情報を入手し学習塾を最大限に活用

中学受験に於いて学習塾にはさまざまな活用方法があります。

 

どうしたら「一番上手に」塾を利用出来るのでしょうか。

 

 

やっぱり強い「模試」

有意義な模試

有意義な模試

何度も述べてきていますが、学習塾の活用方法として最も有意義なものは「模試」です

 

中学受験本番のような雰囲気で受ける事が出来ますし、試験に慣れる事が出来ます。

 

最もこの模試は、塾生でなくても試験を受ける事自体は可能であるケースも多いです。

 

しかしながら、やはり学習塾に通い、模試に向けても勉強出来る体制を整えておいた方が良いでしょう。

 

子供の成績を、非常に大きな母集団の中から、客観的に見る事が出来るというのは、中学受験において大きな味方になります。

 

情報収集機関として

学習塾で接する教師は、一人ではありません。

 

多くの場合、教務員室に複数の教師がいます。

 

そのため、その分多くの「情報」を得る事が可能です。

 

受験校の傾向と対策を聞けば教えてくれるし、教えてくれる人が複数人になれば、その分より正確な情報を得る事が出来るのです。

 

これは、通信教育や家庭教師といった「一人の教師を」相手にする学習機関では決して真似する事の出来ない芸当でしょう。

 

保護者からの中学受験に関する相談にも気軽に応じてくれる学習塾が多く、そういう意味でも活用する事が出来ます。

 

夏期講習などもふんだんに用意しているのも心強い点ですね。

 

まとめ・注意点

学習塾の最大の活用方法は模試で、また多くの教師達が持つ豊富な情報量も有益です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク