個人指導の学習塾では中学受験勉強法の個別指導が受けられる

個人指導の学習塾では中学受験勉強法の個別指導が受けられる

塾の場合、1対多数が基本です。

 

教師が1人で子供がたくさん。

 

つまり、学校のような形態ですね。

 

実際には、学校ほど子供の数は多くありませんが、基本的には似たスタイルになります。

 

それに対し、「個人指導の塾」は少し赴きが違います。

 

 

個人指導の学習塾とは

個人指導学習塾のメリット

個人指導学習塾のメリット

個人指導の学習塾では、基本的に子供1人(ないし2人)に対し、教師が1人付き添います。

 

家庭教師と同じスタイルでありながら、授業料が比較的安いことが人気の理由の一つです。

 

また、「少人数制」の塾との違いとしては、「いつでも聞ける」という事が挙げられます。

 

少人数制の場合、教師が1人と言う事もあって、結局「あまり聞けない」「順番待ちになる」というデメリットがあるからです。

 

「通う」という面倒さはありますが、家庭教師のような個別指導と学習塾ならではの費用の安さで、非常にバランスの取れた学習機関、また勉強法と言えます。

 

私自身、個別指導の学習塾で子供を教えた体験を持っていますが、教師側が一人の子供に対して集注して学習指導が出来る点は、家庭教師の場合と全く同じでした。

 

料金は指導内容で変わる

個人指導の学習塾のほとんどは、その料金体系が一目瞭然とはなっていません。

 

指導する教科や内容、カリキュラムごとに料金設定がされているからです。

 

しかし、いくつもある会社に一つ一つ問い合わせをするのは少々面倒です。

 

インターネットで料金体系を告知していない、という形態は、個人指導の学習塾で非常に顕著です。

 

比較検討がしにくいですよね。

 

ただ、相場としては、家庭教師の半分くらいの費用でしょうか。

 

小学校5年生、月4回60分で1万円を少し切るくらいで、塾によっては、逆に家庭教師の方が安くなる事もあります。

 

まとめ・注意点

個人指導の学習塾は、家庭教師のような個別の学習指導が塾の費用で受けられるのが最大のメリットです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク