中学受験対策で家庭教師が向いているのは真面目で慎重な子供

中学受験対策で家庭教師が向いているのは真面目で慎重な子供

ここまでは中学受験全般について見てきました。そこで頻繁に出てきた、「外部の学習機関」である、家庭教師、学習塾、通信教育。

 

ここからは、その外部学習機関のそれぞれの特徴について考えていきたいと思います。

 

まずは、「家庭教師に向く子供」についてです。

 

 

「人前で声を上げられない」という子供には家庭教師を

家庭教師について

家庭教師について

人前で声を上げられない」、「大勢の子供がいる前では教師に質問出来ない」。

 

こんな子供には、家庭教師がぴったりです。

 

また、意外に盲点になりがちなのが、「常に真面目で慎重なため、『間違った解答』をする事をとても恐れている子供」にも中学受験対策として家庭教師は最適です。

 

このような子供の場合、大勢の前で間違った解答をしてしまうと、「恥ずかしい」「皆が出来る問題を私は出来なかった」と悲しくなったり、萎縮したりしてしまうからです。

 

しかし家庭教師の場合、1対1なので、こんな心配は要りません。

 

より深い理解・高度な勉強のために

他に利用価値が高いケースとしては、「非常に高い偏差値が必要になる学校を中学受験で受ける子供」に対して家庭教師をつける、というものです。

 

筑波、灘、あるいは開成と言った名門校は、偏差値70を軽く超えます。

 

このような超難関校の場合、学習塾などの講義では追いつかず、家庭教師にも高い資質が求められます。

 

1対1でしか出来ないような深い講義も可能になるため、是非導入したいところです。

 

信頼関係が築けるようなら、その効果は2倍にも3倍にもなるでしょう。

 

まとめ・注意点

家庭教師に向く子供は、人前で声を上げられない常に真面目で慎重な子供です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク