中学受験用の家庭教師は相性・質・費用・集中講座の対応で選ぶ

中学受験用の家庭教師は相性・質・費用・集中講座の対応で選ぶ

家庭教師の場合、1対1ですから当然「相性」が重要になります。

 

その事も含め、詳しく考えていきます。

 

 

何より重要な「相性」

家庭教師を選ぶための基準に挙げられる重要ポイントは、以下の通りです。

 

  1. 子供との相性
  2. 教師の質
  3. 費用との折り合い
  4. 集中講座に付き合ってくれるか

 

家庭教師選びのポイント

家庭教師選びのポイント

この4点が大きいです。

 

特に小学生の場合、「相性」は一番大きな問題です。

 

ここがものすごくきっちり合致しているなら、他の3点が多少劣っていても目をつぶってもいいでしょう。

 

それくらい大事です。

 

どんなに良い教師であっても、その子供と性格があわず、お互いにイライラするような授業風景になってしまうのなら、避けた方が賢明であると言えます。

 

授業、と一口に言っても、それは人と人とのコミュニケーションの産物だからです

 

その他3点

「教師の質」は、特に中学受験で難関校を受ける場合に大切です。

 

教師自身が理解しているだけでなく、それを「教えられる」力があるかどうかを見極めます

 

費用に関しては、保護者のサイフと相談します。

 

質の高い「スーパー家庭教師」だとかなりの出費になる事も…。

 

学習塾などと違い、基本的に一人の教師と付き合っていくのが「家庭教師」です。

 

しかし教師にも予定があるでしょうから、集中講座を頼むのはちょっと難しいケースもあります。

 

ただ、中学受験前にどうしても、という事になったら付き合ってくれるかどうか、というのは、事前に確認しておきましょう。

 

まとめ・注意点

家庭教師は、子供との相性・教師の質・費用との折り合い・集中講座に付き合ってくれるかをポイントに選びましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク