通信教育は早い学齢で始め家庭教師との併用が中学受験に効果的

通信教育は早い学齢で始め家庭教師との併用が中学受験に効果的

通信教育の活用方法を知る事により、「成績アップ率は3つの選択肢の中で最も劣る」と言われている通信教育を、中学受験対策として上手に利用する事が出来るようになると思います。

 

どのように活用すればよいのでしょうか。

 

 

「学習習慣」をつけさせるために

学習習慣をつける

学習習慣をつける

通信教育は、早い学齢で行う事が効果的です。

 

というのも、通信教育をやっていく事により、学習習慣が身につくからです。

 

特に、人気キャラクターが一緒に勉強してくれる通信教育講座などは人気がありますね。

 

小学校2~3年先くらいから中学受験を視野に入れた、あるいは教育方針として幼児の時期から中学受験をさせると決めている、というようなケースの場合、通信教育は非常に有用です。

 

費用も安いため、中学受験まで長く続ける事が出来るからです。

 

学力測定の指針・テスト対策として

もう一つの利用方法は、学力測定の指針として使う、というもの。

 

通信教育の中には毎月テストをしてくれていたり、頻出漢字などの予測をしているものがあります。

 

つまり、中学受験で出やすい問題を、テキストの中に盛り込んでくれている訳です。

 

通信教育を積極的に使う人の中には、この「テキストの良さ」を理由に挙げる人も多くいます。

 

また、通信教育のテキストを、家庭教師と一緒に解いていくという「あわせ技」、併用も中学受験対策として非常に有用な勉強法です。

 

まとめ・注意点

通信教育は早い学齢で行うこ事、また家庭教師と解いていくという併用もお勧めです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク