家庭教師の選び方 - 教師体験とアドバイス

家庭教師の体験とアドバイス

本カテゴリーでは私が初めて家庭教師教を務めた時の経験談をお伝えします。学業不振児との付き合い方、指導方法、学習習慣のない児童を抱えるご家庭のご参考にして下さい。またどんな人が家庭教師に向くか、家庭教師との相性、契約書をかわすこと、信頼関係構築の大切さなど、家庭教師を導入すべきかどうかの判断基準になれば幸いです。

家庭教師の体験とアドバイス 記事一覧

高校受験のため中学三年生の学業不振児に家庭教師を行う


学業不振児

当サイト管理人の家庭教師としての最初の生徒は、中学三年生の学業不振児でした。高校受験を半年後にひかえているが、とにかく勉強ができない、せめて人並みに読み書きそろばんが出来るようにして欲しい、という依頼でした。

≫続きを読む

 

家庭教師として生徒のレベルを把握し一つ一つ確認し学習指導


生徒のレベルを把握

私は家庭教師として、生徒のレベルを把握しようとしました。理科や社会の点数の低さは、国語力の致命的な欠如にあります。著しく学力が低い子供の場合、今の問題が出来ないのではなく、それ以前のレベルで止まっている可能性もあります。

≫続きを読む

 

勉強する習慣の学習習慣を付け家庭教師は出来た事を褒める


出来た事を褒める

学業不振の場合、学習習慣がない児童がほとんどです。こういう場合、有効なのは宿題を課すことで、またそれを次の授業までにやってきたら、大げさなほどに褒めます。褒める事は、学業不振児の指導において非常に重要です。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク


ホーム RSS購読 サイトマップ
家庭教師選びの注意点 小学生 中学生 高校生・大学受験

学びネット powered by TrendLead