家庭教師は不登校児の勉強・生活・精神面でメリットがある

家庭教師は不登校児の勉強・生活・精神面でメリットがある

不登校の子どもに家庭教師を付けて勉強をみて貰いたい、学習指導をお願いしたいとお考えの保護者の方も少なくないようです。

 

学校に通えなくなった発達障害の子を支援する家庭教師」でも触れましたが、家庭教師による不登校児童への学習指導は、非常にお勧めで賢明な選択でお勧めです。

 

 

勉強も大切だが他にもメリットが

家庭教師を付ける

家庭教師を付ける

不登校となった子どもの多くは、集団で授業を受けること自体を避けるようになり、多くの人と共に行動する、集団の中で暮らすことに適応できなくなり、今まで通っていた学習塾にも通えなくなる子も少なくありません。

 

学校、さらには学習塾に通えなくなった精神状態の不登校の子どもに、個別に学習指導をしてくれる家庭教師を付けることは、勉強面での遅れを生じさせない対策としては非常に有効といえます。

 

家庭教師を派遣する会社も、近年の不登校生徒の増加に対応し、専門の家庭教師を用意しています。

 

不登校となった子どもに対する家庭教師のメリットは、学校の授業に遅れない、進学に悪影響を及ぼさないという勉強面でのメリットはもちろんですが、さらに他にも大きな意義や価値やメリットがあります。

 

不登校児が規則正しい生活を取り戻すきっかけに

もし家庭教師に自宅で学習指導を受ける場合、決まった時間に家庭教師が家にやって来ることとなります。

 

不登校となった子どもの多くは、特に不登校になりたての頃には生活のリズムが乱れ、親を顔を合わせたくない、現実から逃避したいという気持ちから昼夜逆転の生活となる子どもがほとんどです。

 

彼等の心理状態を大切にし放任しておく、好きなようにさせるのは当然ですが、ある程度の正しい生活のリズムは、精神面と健康面でも大切なことで、不登校となった子どもの多くが肥ってしまうということも、この生活のリズムが不規則であることと関連します。

 

この面で家庭教師という家族以外の人間が定期的に家庭に入ってくるということは、子どもにとって良い刺激となる場合があります。

 

規則正しい生活は勉強の遅れを取り戻す必要条件

不登校となった子ども自身も、どうして学校に通えなくなってしまったのか、いつかは立ち直れるのだろうか、これからどうなってしまうのか、そんな不安を考えて何時間も思いに更けて、気が付いたら深夜になっていた、というケースもあります。

 

規則正しい生活は、勉強の遅れを取り戻すための必要条件です。

 

不登校となった子どもも、もとの生活のリズムに戻るきっかけを待っている場合もあります。元のような生活に戻るのが、照れくさいと考えていて、誰かがきっかけを与えてくれるのを求めている事もあるのです。

 

悩み、そして不安を感じ生活が不規則となってしまう不登校が、家庭教師という存在のお陰で規則正しい生活を取り戻すことが期待できます。

 

さらには、家庭教師の場合、子どもに1対1で接することから、子どもの閉ざされた心を開く、精神面でのメリットも期待が出来ます。

 

不登校児が信頼できる教師・大人・先輩・友人としての家庭教師

不登校児の精神を安定させることが出来るのは、子どもが心を許した相手だけです。

 

この面で家庭教師に、信頼が出来る大人、頼れる先輩、友人になれる効果が期待できます。しかし家庭教師を検討する場合は、必ず子どもの意向を確認しましょう。

 

家庭教師を子どもに付ける時、最も大切なのは相性ですが、この相性というものが不登校児に非常に大きなメリットとなり不登校克服に大切な役割を果たすことが期待できます。

 

信頼できる教師・大人・先輩・友人としての家庭教師

子どもの意向を確認

子どもの意向を確認

不登校となったばかりの子どもは、特に今まで一緒に生活をし、自分のことを一番よく知っている、見ている親に対して心を閉ざします。

 

その心理にはさまざまな事象が働いていますが、現れる減少としては、行動や言葉が粗暴なものとなり、中には家庭内暴力にまで達してしまうケースもあります。

 

こういう子どもの精神を安定させることが出来るのは、子どもが心を許した相手だけです。

 

また「不登校の定義と不登校となった子ども救える人」でもお伝えしているように、不登校児童を救える人は限定されています。

 

この面で家庭教師には、その信頼が出来る大人、ある時は頼れる先輩であり、友人にもなれる効果があります。

 

そういう期待などは子どもに言わず、週に1度だけでいいから、「家庭教師に勉強を教えてもらうか」、と子どもに相談してみて下さい。

 

必ず事前に不登校児と相談することが必要です

家庭教師に勉強をみてもらい、学業での遅れを取り戻す、また規則正しい生活リズムを取り戻す、そして信頼できる大人として子どもと接してくれる、それらの親の期待を子どもには言わず、しかし家庭教師を検討する場合、必ず子どもの意向を確認して下さい。

 

この時、子どもが了解するならば、それで良し、しかし拒否をするなら無理強いは決してしないようにしましょう。

 

あくまでも子どもの了解を得てから、家庭教師から学習指導を受けるかどうか、事を進めましょう。

 

また不登校となったばかりの頃は子どもの精神が不安定ですし、親の言うことを全て否定することも多々ありますので、少し子どもの状態が落ち付いてから、家庭教師のことを子どもに打診するのも良いでしょう。

 

いずれにしても、子どもの心を最優先に考えて行動しましょう。

 

焦って事を進めて悪化する事も有り得ます

親としては1日でも早く不登校から立ち直って欲しい、立ち直れず学校に通えないならば家庭教師から学習指導を受けて勉強で遅れないようにして欲しい、どうか進学して欲しいと焦ってしまう気持ちは良く分かります。

 

しかし焦りは禁物です。

 

不登校となった子どもは、何がしか傷を受けていて、その傷の大きさも、また原因も違い、立ち直るまでにかかる時間もそれぞれです。

 

最も不登校を克服したいと考えているのは本人なのです。

 

また、親が「家庭教師に勉強をみてもらおうか?」と聞き、子どもが「要らない!」と答えた場合、子どもとしても一度断った事に拘ってしまう場合もあります。接し方には十分に注意をしてあげて、決して焦らないようにしましょう。

 

ノーバスの不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症コース

ご紹介します「ノーバス」は、知的障害・発達障害・のみならず、不登校、ひきこもり、発達障害のASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)のコースを持つ家庭教師派遣会社です。

 

家庭教師のノーバス

家庭教師のノーバス

 

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。資料を取り寄せて検討されることをお勧めします。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。資料を取り寄せて検討されることをお勧めします。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
「こころの未来」をタップ

 

相性と人柄重視で選択する

不登校児の家庭教師

不登校児の家庭教師

不登校になる原因の5割以上が人間関係によるものです。

 

まったく知らない人間関係を築くのは、大人であっても少し気疲れするもの。外部からの接触に過敏になっている不登校児なら、なおさらです。

 

学力低下は深刻な問題ですが、不登校児に家庭教師をつける場合、何よりも重要視しなければならないのは、「子どもと教師の相性」です。

 

むしろ初期の段階では、成績アップは副次的な要素である、とまで言っても言い過ぎではありません。

 

環境を整える必要

まず、「外部との接触は怖くない」「家族以外にも自分のことを考えてくれる人がいる」と思える環境を整えることが必要なのです。

 

しかし一概に「こんな家庭教師が良い」と言えないのも事実。

 

親近感が持てるからという理由で大学生の家庭教師を選んだ場合、逆に「頼りない」「学校のことを思い出す」とマイナスに働くこともあります。

 

優しく接する家庭教師だと、甘えが生じるケースもあります。慎重かつ迅速に選びましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク