サボりがちな学習塾から発達障害を持つ子どもを助ける家庭教師

塾をサボりがちになりやすい発達障害を持つ子どもたち

発達障害を持つ子どもの勉強にとって、学校以外の場所での学習が重要となります。

 

ただし、その学校以外が学習塾である場合、思わぬ落とし穴があるので注意しましょう。

 

 

発達障害の子どもを学習塾に行かせるリスク

発達障害の子どもに塾は不向き

発達障害の子どもに塾は不向き

学習塾には個別指導塾と集団塾があり、発達障害を持つ子どもであれば、子どもの学習速度や習熟度に合わせて学習できる個別指導塾の方が合っているかと思います。

 

ただし、勉強すること自体に抵抗感のある子どもや、狭いスペースでの学習に圧迫感を持つ子どもの場合、個別指導塾であっても集団塾であっても上手くいかないことがあります。

 

また、学習塾までひとりで通うとなると、その道のりの中で、何か気になる出来事に遭遇した結果、塾にまで到達することができず、欠席してしまうこともあります。

 

さらには、周囲の子と馴染めない、勉強についていけないと感じてしまうことで、塾に行くことを勝手に止めてしまうこともあります。

 

学習塾によっては、子どもの入退出情報を保護者にメールで連絡するシステムを活用しているところもありますが、これを使うためには子ども自身がリーダーにカードをかざす必要があるので、子どもがカードを忘れたり、失くしたり、かざし忘れたりすれば保護者に入退出情報の連絡は届きません。

 

このため、例えメール連絡が来なくても、それがどのような理由で来ないのかまで把握できないので、あまり意味がないのです。

 

このように、発達障害を持つ子どもの学習塾通いにはいろいろなリスクがあることを認識することが大切です。

 

保護者の目が届く家庭教師

学習塾ではうまくいかなくても、自宅で学習することのできる家庭教師であれば、少なくとも保護者が子どもの状況を把握できないということはありません。

 

また、授業をボイコットするような確率も塾よりは低くなることでしょう。

 

なにより、学習塾に通うという時間をカットできますし、その分安全面でも安心することができます。

 

発達障害を持つ子どもにとって家庭教師を付けることは、学習塾に通わせるリスクを回避し、保護者自身の心配事を減らす効果もあります。

 

発達障害児専門の家庭教師

発達障害の子どもを持つ親御さんには、人並みならぬご苦労があると思います。発達障害児への家庭教師に求められるものは専門的な知識と体験ですが、率直に言って発達障害のある子どもを教えられる家庭教師、並びに派遣会社の数は多くありません。

 

家庭教師のノーバス

家庭教師のノーバス

 

ノーバスには特別コースの「こころの未来」として不登校・ひきこもり・LD(学習障害)・ADHD(注意欠陥多動性障害)・自閉症の児童用コースを設けています。トップページ中央部の右側「こころの未来」にコースの説明があります。資料を取り寄せて検討されることをお勧めします。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

ノーバスには特別コースの「こころの未来」として不登校・ひきこもり・LD(学習障害)・ADHD(注意欠陥多動性障害)・自閉症の児童用コースを設けています。トップページ中央部の右側「こころの未来」にコースの説明があります。資料を取り寄せて検討されることをお勧めします。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
「こころの未来」をタップ

 

家庭教師であれば発達障害の子の自己肯定感を養いやすい

生まれた瞬間から他者と比較されながら育つ子ども…

 

子どもが小さいときであれば、お父さんやお母さんが「他の子」と「うちの子」という視点で比較しますし、学校に通うようになれば友達や友達の親、先生などが、子どもたち同士を比較し始めます。

 

発達障害を持つ子どもの場合、塾に通うことで他者と比較される機会が増えるために、勉強キライや失望感が増す恐れがありますが、マンツーマン指導である家庭教師であれば比較されるシーンが少ないので、自己肯定感を養いやすくなります。

 

発達障害を持つ子どもの生きづらさ

比較せず自分らしく居られる環境を

比較せず自分らしく
居られる環境を

発達障害を持たない子どもと比較して、日常生活や学習面で苦労の多い発達障害を持つ子どもは、親や先生、友達から認められる機会が少なく、むしろ叱られてばかりだったり、恥をかかされるシーンが多かったりするため、子どもが感じる精神的な負荷はとても重いのです。

 

しかしながら、その負担を理解することは例え親であっても難しく、子どもを助けることは容易ではありません。

 

発達障害を持つ子どもは苦しいことや悲しいことがあっても、それを表現する手段に乏しいので、親が気が付けないことすらあるのです。

 

せめて比較されない環境を作る

「自分の子どもなのだから、何も言わなくても分かる」と子どもの気持ちを決めつけてしまう人もいますが、これは子どもの心の傷を深めます。

 

子どもの気持ちを決めつけたり、子どもの気持ちを知ることが出来なかったりするのであれば、せめて、子どもが自由で自分らしく居られる環境を作ることが大切です。

 

発達障害を持つ子どもは他者と比較をしても良いことはありません。

 

比較をするのであれば、その子が3歳の時と比べてどうであったかとか、去年と比べてどうであるとか、子どもの軸で観てあげましょう。

 

学校以外の場所で勉強をするのであれば、他者と比較されたり競争することを強いられたりする塾より家庭教師の方がお勧めです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク