学校に通えなくなった発達障害の子を支援する家庭教師

家庭教師であれば不登校になった発達障害の子のサポートも可能

ご両親のなかには、泣き叫ぶ子どもを無理矢理学校に行かせた経験のある方もいるかと思いますが、発達障害の子どもの多くが不登校や別室登校を経験しています。

 

 

学校に通えなくなる発達障害の子ども

不登校になりがちな発達障害の子ども

不登校になりがちな
発達障害の子ども

友達ができない、授業が面白くない、イジメを受けた、先生や同級生からからかわれた、学校に来るなと言われた等、学校に通いたくない子どもの理由はさまざまです。

 

発達障害の子どもは、イジメを受けやすいタイプの子や、悪意なく他の子を叩き周囲から叱責されるタイプの子もいます。

 

このような結果として学校に通えなくなる不登校の子が増えているのです。

 

学校側のフォローが手厚ければ、別室登校という選択肢を提示されるかもしれませんが、それができないこともあるでしょう。

 

また、科目による成績の差にも開きのある子が多いため、先生から「やればできる」とか「サボっているから出来ないのだ」と叱咤されがちですが、そのようなことが重なることでプレッシャーを感じ、身体的な拒絶反応が出て登校できない子もいます。

 

不登校になるということ

近年では、学校に通いたくない子どもには無理に登校をさせないという風潮もありますが、その一方で自分の子どもが登校を嫌がった際には、どうにか学校に通わせると考えている方もいます。

 

現実的に不登校になれば学習に遅れが出ますから、心配になるのは当然かと思います。

 

ただ、無理に登校させたところで、果たして集中して授業に参加できますでしょうか。

 

子どもの学習の遅れを気にかけるのであれば、家庭教師をつけることをお勧めします。

 

中学校までであれば例え不登校になったとしても卒業はできます。

 

高校受験も高校によっては可能ですから、親が悲観的になる必要もありません

 

先生を選べる家庭教師なら好き嫌いの激しい発達障害の子も安心

家庭教師の良さは子どもに合った先生を選んだり、途中で交代してもらったりすることができることです。

 

好き嫌いの激しい発達障害を持つ子どもの場合、先生によって学力が上がったり下がったりするので、塾よりも家庭教師がお勧めです。

 

先生という存在は子どもにとって尊敬できる存在であることが大切です。

 

当然、先生にも知らないことはありますし、間違ったことを言ってしまうこともあるでしょう。でも、それらも含めて、尊敬できるかどうかがポイントです。

 

発達障害を持つ子どもの好き嫌い

子どもに合った先生を選べる家庭教師

子どもに合った先生を
選べる家庭教師

発達障害を持つ子どもは、ヒトや食べ物、道順等、何かしらに強いこだわりを持っている傾向があります。

 

好き・嫌いがハッキリしており、好きな人の話は良く聞くけれど、嫌いな人の話はまったく聞かないということも往々にしてあります。

 

とくに目上の人に関しては、自分が尊敬できるか否かで意識的に接し方を変えていることもあります。

 

担当を選ぶことも交代することも可能な家庭教師

学習面においても、尊敬できる先生の授業は良く聞くのに、尊敬できない先生の授業には参加しないということもある発達障害を持つ子ども。

 

学校の先生は選ぶことも代えることもできませんが、家庭教師であれば選ぶことや交代することも可能です。

 

子どもの勉強が進まない、あまりのやる気のなさに呆れる等、子どもの学習支援に難しさを抱えている方は、ひとまず家庭教師を検討されてはいかがでしょうか。

 

尊敬できる家庭教師との出会いで変わる子どもの能力

苦手な科目であっても「先生が面白い(もしくは尊敬できる)から勉強する」という子もいれば、得意な科目においては、「教科書やテキストに書かれている以上のことを先生が教えてくれるから面白い」と感じる子もいます。

 

先生(家庭教師)は子どもにとっての手本となる存在ですから、先生に影響されて子どもが良い方向に伸びていくことも十分に考えられます。

 

発達障害専門の家庭教師をつけることがお勧めとなります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク