発達障害の子に家庭教師をつける際の注意点

発達障害の子に家庭教師をつける際の注意点記事一覧

学校の授業で手を挙げる生徒
発達障害の子どもたちには個々に“自分のペース”がある

発達障害を持っている子どもたちにとって、大人たちから“勉強ができない”と責められることほどツラいことはありません。発達障害の子ども自身のペースでの勉強勉強の進度を他の子と比べない発達障害がある場合の子どもは、他の同級生たちと同じペースで学習していくことは難しく、授業に付いていけなくなるケースが圧倒的に多くなります。周りの大人たちに急かされて学習したり、理解できていないのに、さらに学習を進められてし...

続きを読む
学校で授業を受ける女の子達
自分のペースで理解し確実に学習を進める発達障害の子ども

多くの発達障害を持っている子どもたちは、同級生たちと同じペースで学習することは難しく、学習内容が他の同級生と同じように理解することができず、どうしても学校の授業についていけなくなる傾向にあります。しかし、家庭教師と一緒に理解できるペースで学習を進めていくことで理解できるようになった事例が多くあります。理解できるまで次に行かない学習指導子どものペースに合わせた学習指導発達障害を持っているために学校の...

続きを読む
学校の授業で手を挙げる生徒たち
コンプレックス解消で意欲的になり学校が楽しくなる発達障害の子ども

発達障害を持っている子どもたちの多くは学習が理解“できない”ことをコンプレックスに感じていて、日常生活の中でも落ち込んでしまったり、笑顔が少なかったりしていることがあります。しかし、家庭教師と一緒に自分のペースで確実に学習を理解していくことで勉強に対するコンプレックスがなくなり、性格が明るくなり笑顔が増えたというケースが多くあります。出来ることを増やそうと意欲的に出来ることの相乗効果周りの同級生た...

続きを読む
勉強する男の子
家庭教師に教わるときは発達障害の子どもが勉強しやすい環境を

発達障害を持つ子どもにとって、自分の気持ちが安定しないような場所での学習は神経が集中できるものではありません。発達障害を持つ子ども自身が、落ち着いた気持ちで学習に集中できる場所を用意しましょう。なるべく静かな環境で静かで落ち着ける学習環境を発達障害を持っている子どもたちは、脳の作りが少し違っていますので繰り返しお伝えしているように、大きい音や光が気になって、そちらにばかり気を取られてしまうことがあ...

続きを読む
親に勉強をみてもらう女の子
発達障害の子どもの勉強に親が同席するケースと離れて見守るケース

発達障害を持った子どもが家庭教師と学習をしているとき、親としては学習の模様が気になって仕方ないと思います。気になって学習している様子を見ていたいと思っても、子どもの状態や状況によって親が同席してもいいかどうかは、家庭教師と相談しながら判断してください。親が同席したほうがいい場合同席は子どもの反応しだいで発達障害を抱える子どもの中には、まだ慣れていない家庭教師と2人きりで学習していくことを不安に思っ...

続きを読む

facebook はてなブックマーク