発達障害の子どもたちには個々に“自分のペース”がある

発達障害の子どものペースを理解しながら学習を進めていく事が大切

発達障害を持っている子どもたちにとって、大人たちから“勉強ができない”と責められることほどツラいことはありません。

 

 

発達障害の子ども自身のペースでの勉強

勉強の進度を他の子と比べない

勉強の進度を
他の子と比べない

発達障害がある場合の子どもは、他の同級生たちと同じペースで学習していくことは難しく、授業に付いていけなくなるケースが圧倒的に多くなります。

 

周りの大人たちに急かされて学習したり、理解できていないのに、さらに学習を進められてしまったりすることは、発達障害のある子どもにとって学習することがツラいだけで、勉強嫌いな子どもに育てることになってしまいます。

 

「どうして他の子と同じように勉強ができないの!?」などと言われた子どもは、大きなショックを受けます。

 

非常に大切なことですので繰り返しお伝えしますが、発達障害の可能性がある場合には、とにかく自分のペースで学習を進めて理解ができてから、次の学習に進むことが大切です。

 

学校の授業では個別に対応しきれない

学校の授業では大勢の生徒が一緒に学習をしていますので、発達障害がある子どもにとってはツラいでしょう。

 

学校の授業だけでは理解できない、ペースが合わないときには家庭教師に教えてもらうことも非常に有効な解決方法のひとつです。

 

自分のペースに合った進め方をしてくれる家庭教師ならば、理解できるまで次の学習に進むことはありませんので、学校の授業も少しずつ理解できるようになります。

 

勉強の進度や理解度を同級生たちと比べる必要はなく、自分のペースで理解していくことができれば学習することが楽しくなってきます。

 

学習が“できない”ことを責めたり嘆いたりするのではなく、“できること”を自分のペースで少しずつ増やしていくことが大切です。

 

自分のペースで勉強できる家庭教師との学習がベスト

学習障害や知的障害を持っている子どもにとって、自分が理解できないペースでの学習は苦痛でしかありません。

 

学習すること、勉強し知識が増えることを“楽しい”と感じ、日常生活に必要な知識を身に着けていくためには、しっかりと今勉強している内容をよく理解したうえで次の学習に進むことが大切です。

 

マンツーマンの家庭教師ならば自分のペースに合わせて理解していくことができますし、理解してから次の学習に進めます。

 

個々のペースに合わせてくれる家庭教師

発達障害の子どもにこそ家庭教師を

発達障害の子どもに
こそ家庭教師を

発達障害を持つ子どもたちが自分のペースで理解して学習を進めていくためには、家庭教師を利用することをお勧めします。

 

学校の授業では他の同級生たちと同じペースで学習を進めていくこと、他の生徒と同じペースで勉強をし理解をすることが求められます。

 

しかし家庭教師ならば個々のペースに合わせて理解できるまで教えてくれますので、今現在学習している内容を正確に理解し、知識として身に付けてから次の学習に進むことができるのです。

 

発達障害の子どものわからないことを解決する家庭教師

学校の授業でわからないことがあっても同級生たちが当たり前のように理解していて、自分だけわからなかったりすると、恥ずかしくて質問することができず理解できていないことが、そのままになってしまうことがあります。

 

わからないままで次の学習ステップに移っても、わからないことが積み重なり増えていくだけとなってしまいます。

 

授業でわからなかったことを放置せず、家庭教師になら理解できるように理解できるまで教えてもらうことができます。

 

学習することが“楽しい”と思うのは、理解して「わかった!」という喜びが“楽しい”と感じるからです。

 

勉強することが、理解できないことで学習することを“ツラい”と感じているのならば、学習を“楽しい”と思えるものになるようサポートすることも周りの大人の役目でしょう。

 

家庭教師とともに学習を進めて理解することの楽しみを覚えることで、発達障害があっても学習することが意欲的になるはずです。

 

発達障害の専門的な知識と体験を有する家庭教師を

発達障害を持っている子どもたちは、同級生たちと同じように学習を進めることができないことに精神的に落ち込んで心を痛めています。

 

“友だちと同じように勉強ができない”と悩んでいる発達障害を持っている子どもたちには、発達障害の子ども専門の家庭教師、及び福祉系の学校の出身者や学生の家庭教師をお勧めします。

 

福祉の世界を志した人であれば発達障害に関する知識もありますし、福祉の世界を目指す“優しさ”を兼ね備えています。

 

発達障害専門の家庭教師

発達障害専門の家庭教師を

発達障害専門の
家庭教師を

発達障害を持っている子どもたちは、生まれつき脳の機能が少し違っており、周りの子どもたちと同じ学習をしても同じように理解できません。

 

学習を理解できないことで落ち込んでしまったり、やる気がなくなったりしていますし、学校に行くことすら億劫になっていることもあります。

 

発達障害の子どもへの学習指導を専門にするプロの家庭教師がお勧めです。

 

家庭教師のノーバス

家庭教師のノーバス

 

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
「こころの未来」をタップ

 

福祉の知識を持っている家庭教師

福祉系学校の出身者や学生も、発達障害の子どもにお勧めの家庭教師です。

 

福祉系の大学、専門学校や高校などに通う人は「社会に貢献したい」「社会的に立場が弱くなってしまった人の支えになりたい」という想いや優しさを持っているからこそ、福祉の道を選んでいます。

 

福祉関係の学校に通ったのであれば、福祉関係の知識を持っています。

 

福祉を学んでいなくても優しさや思いやりをもって家庭教師をしてくれる人はいますが、その人たちは発達障害に対しての知識が欠けている場合もあります。

 

発達障害に対しての知識がない場合、なにかが起こったときに即座に判断して行動することができません。

 

知識を持っていれば、発達障害の子どもの対応もわかりますから安心できます。

 

すべてのことに言えることですが、ただ“優しい”だけでも“貢献したい”と思っても、知識がなければ中途半端になってしまうのです。

 

発達障害の子どもの家庭教師は性格が合い楽しく過ごせる人を

発達障害があり、学校の授業を理解できない、他の生徒に勉強面でついていけないという問題を解決するためには、専門の家庭教師と一緒に理解するまで学習するという方法がいいでしょう。

 

発達障害の子ども向け家庭教師を選ぶ基準

発達障害の児童が楽しく感じる人を

発達障害の児童が
楽しく感じる人を

発達障害があり、学習しても同級生たちと同じように理解できずに苦しんでいる子どもたちは、学習することに対して“自分はどうせできない”と思い込んでしまっている場合があります。

 

“自分はできない”と投げやりな気持ちになってしまっている子どもたちに、学習することの喜びを感じてもらうためには、子ども自身が学習したことを理解して楽しいと思ってもらえるような、相性のいい家庭教師を選ぶ必要があります。

 

学習の面だけではなく“一緒に過ごすことが楽しい”と思えるような家庭教師が適任でしょう。

 

私たちが学生だったときにも“あの教科の先生が苦手だったから”と、その授業は楽しくなく意欲も湧かず成績もよくなかったという経験があるはずです。

 

楽しく学習できることが最も大事

学校の授業で同級生たちより理解することが遅くなってしまう発達障害を持つ子どもたちには、自分のペースに合わせて丁寧に楽しく、そして優しく教えてくれる発達障害の子どもに理解がある家庭教師が適任です。

 

学習を理解できないことを怒ったり、焦らせたりするような方法は学習することが嫌になってしまいますので、発達障害の子どもにつける家庭教師としては論外で失格です。

 

発達障害を持つ子どもの家庭教師を選ぶときには、当サイトのカテゴリ「真面目で学力が低い子ども向け家庭教師」以降の記事で、子どもの性格に合う家庭教師のタイプをチェックして頂き、さらに子ども本人と顔合わせをし、家庭教師の発達障害を持つ子どもへの理解度を確認し決めることをお勧めします。

 

学習を理解していくことで学ぶことの楽しさを感じてくれるような教え方をしてくれる人であれば、発達障害を持つ子どもも学ぶことが楽しくなり笑顔も増えてきます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク