自分のペースで理解し確実に学習を進める発達障害の子ども

なにをするにも“自分のペース”で進めていくことが大切

多くの発達障害を持っている子どもたちは、同級生たちと同じペースで学習することは難しく、学習内容が他の同級生と同じように理解することができず、どうしても学校の授業についていけなくなる傾向にあります。

 

しかし、家庭教師と一緒に理解できるペースで学習を進めていくことで理解できるようになった事例が多くあります。

 

 

理解できるまで次に行かない学習指導

子どものペースに合わせた学習指導

子どものペースに
合わせた学習指導

発達障害を持っているために学校の授業についていけずに悩んでいた親子がいましたが、家庭教師に来てもらって学習指導を受け、自分のペースで理解できるまで丁寧に指導を受けたことで、学習を理解できるようになりました。

 

指導してくれた家庭教師は、子どもが理解できていないところを見極めてくれましたし、子どもに性格や特徴に合った指導をしてくれました。

 

子どもの理解できるペースで、ゆっくりと確実に理解させてくれたのです。

 

こちらの、私が家庭教師として学業不振児に学習指導をした経験談「家庭教師として生徒のレベルを把握し一つ一つ確認し学習指導」でもお伝えしていますが、学習習慣を持っていない子ども、勉強の楽しさを知らない児童に学習指導を行う場合、

  • どこでつまずいているのか
  • どこまでは理解しているのか
  • どこから理解が出来ていないか

を客観的に、また正確に把握して、その「つまずき」を取り去ることから学習指導をすること、さらに次のステップに移る際も、子どもが理解するまで根気よく指導をすることが最も大切なこととなります。

 

また、子どもの性格を理解し、その子の持つ性格に合わせた個別の勉強方法を指導することも大切な要素となります。

 

初めは親も家庭教師で大丈夫なのかと不安に思っていたようですが、発達障害を持つ子どもを専門に学習指導する家庭教師をつけたことで、学校の授業についていけず落ち込み気味だった子どもが、楽しそうに学習している様子を見て安心したそうです。

 

理解できると楽しい

誰もが同じですが、“わからない”ことは不安になりますし、周りが理解しているのに自分が理解していなければ不安になり焦りも出て、最後には諦めてしまうこともあります。

 

発達障害を持つこどもたちも、わからないことで諦めてしまっているのです。

 

家庭教師と一緒に理解できるスピードで確実に理解するまで指導してもらうことによって、学習する意欲が湧いてくるのです。

 

実際に、学習を理解できないことで諦めてしまっていた子どもたちが家庭教師に根気よく指導してもらうことで理解できるようになった事例は多くあります。

 

理解できた事で勉強が楽しくなり自信を持つ発達障害の子ども

発達障害の子どもたちは学校の授業が理解できていないことで、自分が同級生よりも学習の理解で遅れをとっていることで、大きく自信を失って落ち込んでいます。

 

学習を理解できずに落ち込んでいることが根源となり、自分の行動など全体的に全てのことに関して自信を失っていることもあります。

 

学習障害を持っている子どもが家庭教師とともに学習していくことで理解できるようになると、学習して理解していくことが楽しくなるようです。学習面だけでなく全体的に自信を持てるようになり自主的に行動するようになります。

 

家庭教師のおかげで勉強が楽しくなる

勉強が楽しくなり自信が持てる

勉強が楽しくなり
自信が持てる

家庭教師と一緒に自分のペースで確実に学習を進めて理解していくことで、勉強することが楽しくなった子どもたちが多くいます。

 

学習を理解できないことで諦めてしまい、学習することに意欲が無くなり「自分はどうせできない」と落ち込んでしまっていたのです。

 

家庭教師が子どもの特性に合わせて学習を進め、確実に理解するまで指導してくれることによって理解することの楽しさを教えてくれたのです。

 

今でも感謝している相性の良かった家庭教師の先生」でお伝えしているように、当サイト管理人の私にも同じ経験があります。

 

当時、中学3年生であった私は、不得意科目の数学と理科の学習指導を家庭教師から受け、私の理解度を正確に把握した家庭教師から非常に適切な学習指導を受けた結果、苦手だった科目を勉強することが楽しくなり、抜群の成績アップに成功した経験を持っています。

 

私たちも“楽しい”と思うことは自発的にやろうとしますから、学習を“楽しい”と感じれば、次の段階へ進みたくなります。

 

少しずつでも“できること”が増えてくることで、楽しさも増してくるのです。

 

自信が持てるようになった

学習を理解できないことで同級生たちと比較してしまい、学習だけでなく全体的に自信を失っていた子どもが、理解できたことで学習以外にも自発的に行動するようになり自信を持てるようになったというケースがあります。

 

発達障害を持っていても家庭教師と自分のペースで確実に理解していくことで“やればできる”という気持ちが芽生えてきます。

 

子ども自身が学習を理解することで“やればできる”ということに気付くことで、学習に対する意欲も大きくなります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク