発達障害(知的障害・学習障害・自閉症)・不登校と家庭教師

発達障害・不登校の子どもを持つ親御さんへ

発達障害や不登校の子どもは、どうしても学校の授業に追いついていけず学力が低下してしまう傾向があります。学力の低下や周囲からの偏見などで学校に通えなくなる不登校となるケースも多く、ますます勉強面で不利な状況に陥ってしまいます。

 

当サイトでは発達障害や不登校の子どもに、家庭教師をつけるメリット、期待されるさまざまな効果、また注意点をご説明します。

 

発達障害の子どもについて

発達障害とは、知的障害、学習障害、自閉症、アスペルガー症候群などを含む脳機能の障害の総称で、フリー百科事典ウィキペディアにて以下のように説明がされています。

発達障害(DD)は、身体や、学習、言語、行動の何れかにおいて、発達が遅れた状態である。 原因は先天的である事が殆どで、発達の遅れに伴う能力の不足は生涯にわたって治る事はない。日本の行政上の定義では、発達障害者支援法が定める「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、発達障害、注意欠陥・多動性障害、その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するもの」とされる。

発達障害の中で、特に学習に影響を与える障害として、知的障害、発達障害、自閉症が挙げられます。尚、各項の説明は、フリー百科事典ウィキペディアからの抜粋となります。

 

知的障害

知的障害(ID)とは、知的機能に制約があること、適応行動に制約を伴う状態であること、発達期に生じる障害であることの3点で定義されるが、一般的には金銭管理・読み書き・計算など、日常生活や学校生活の上で頭脳を使う知的行動に支障があることを指す。

 

学習障害

学習障害(LD)は、単一の障害ではなくさまざまな状態が含まれる。医学、心理学、教育学の分野にまたがって研究が進められ、それぞれで若干概念が異なっている。バランス感覚を欠き、身体の協調運動の困難を合わせ持つ子も多いため、リハビリテーション医学の分野でも研究が行われている。

 

自閉症

この症候群は、社会性の障害や他者とのコミュニケーション能力に障害・困難が生じたり、こだわりが強いといった特徴を持ち、多くが精神遅滞を伴う。典型的には明白な状態。早期幼児自閉症、小児自閉症、カナー自閉症と呼ばれることもある。

 

不登校となった子どもについて

学校に行かなくなり不登校となりそうな、また既になってしまった子どもを持つ親御さんとしては、一体何日、学校を休むと不登校扱いとなるのか気になるところと思います。

 

不登校の定義

欠席数が、年間30日以上で不登校となるというのが一般的な認識となります。30日間連続で学校を休んだ場合、また年間の欠席日数が合計30日で不登校となります。

 

ちなみに不登校の定義を文部科学省は、「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しない、あるいはしたくともできない状況にあるため年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」としています。
不登校の現状に関する認識 - 文部科学省

 

信頼できる大人を求める不登校児
救える人は限られています

救える人は
限られています

不登校となった子の学校に来たくないという理由はさまざまですが、中には深刻な問題を抱えている生徒もいますが、不登校に関しては必ず家庭の理解と協力が必要です。明らかに家庭に問題があると分かっていても、いくら担任の先生といえども、生活指導の教師でも、教師が家庭内の問題を解決することは不可能です。

 

不登校を克服する、または学校以外の道に生き甲斐を見つけるキッカケは、不登校となってしまった原因が人それぞれであるように、立ち直るキッカケ、それを作った人も、またそれぞれで、それが常に親であるとは限りません。しかし全面的なサポートにしろ、側面からの支援にしろ、またたとえ片親でも、不登校な児童を救えるのは親、または親とほぼ同じ役目をしている人だけです。

 

発達障害のある子どもや不登校児を教えられる家庭教師

発達障害を持つ子ども、不登校となった子への家庭教師に求められるものは、何といっても専門的な知識と体験です。

 

学力が低くなってしまう悪化した学習環境を整え、子どもの特徴を理解し、将来の進路選択に取り組み、分からないを分かるに、出来ないを出来るに変える体験を通じての学習指導が望まれます。また、保護者との学習状況や成果、支援の在り方について良く話し合い、保護者とも信頼関係が持てることも基本的な条件です。

 

ご紹介します「ノーバス」は、発達障害、不登校、ひきこもり、ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)のコースを持つ家庭教師派遣会社です。このコースの特徴をノーバスでは以下のように説明しています。

  • 将来の社会的自立にむけた教育の視点

    こころの問題・進路の問題を認識しサポート

  • 適切なサポートと学習の空間

    多様な問題を抱えた児童の状況に合わせた適切なサポート

  • 働きかけと人との関わり

    学校復帰や人との関わりあいに状況に注意しながら段階を踏んでアプローチ

  • 家庭との連携

    時期を見逃さないように、保護者や児童が相談できる窓口・相談室を設けている

 

学習に対しての障害を持つ子どもに家庭教師を検討されてみえる方は、資料を取り寄せて検討されることをお勧めします。

 

家庭教師のノーバス

家庭教師のノーバス

 

トップページ中央部の右側に「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部 
右側「こころの未来」をクリック

 

トップページ中央部の「こころの未来」に、「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コースの説明があります。

 

ノーバス「不登校・ひきこもり・LD・ADHD・自閉症」コース

ノーバスのトップページ中央部
「こころの未来」をタップ

 

facebook はてなブックマーク